1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

「DAY6」、”信じて聞くDAY6”ついに軍空白期を終了...第2幕に期待

Wow!Korea / 2023年11月27日 6時53分

「DAY6」、”信じて聞くDAY6”ついに軍空白期を終了...第2幕に期待

青春を歌うバンド「DAY6」が、軍空白期を終え本格的に第2幕を開ける展望だ。

きょう(27日)、メンバーウォンピルは海軍服務を終えチーム内最後の転役をする。最近、最後の休暇に出たウォンピルは部隊に復帰せず転役し、この日公式除隊日を迎え社会に完全に戻ってくることとなった。

ウォンピルは昨年3月にアイドル初の海軍で服務を開始した。今年6月に兵務庁を通じて公開されたウォンピルのインタビューによると、海軍志願は入隊日時を最大限前倒しし、メンバーたちと含む時期を合わせ「DAY6」の軍空白期を短縮するための決定だった。彼の言葉通り、去る4月にはメンバーのYoung Kが転役し、その7か月後にはチーム最後の転役となり、これで最年長のソンジンが初走者として入隊してから2年8か月で「DAY6」の軍空白期が終了することとなった。

これに先立ち、Young Kもまた去る2021年10月、KATUSA(駐韓米軍に配属される韓国軍人)に入隊し"アイドル初"のタイトルを得た。去る4月に転役して以降、11曲を収録した初のソロフルアルバム「Letters with notes」を5か月ぶりに出し、同名のソロコンサートまで開催。各種音楽フェスティバル参加はもちろん、入隊前まで一緒に行っていたKBS coolFM「DAY6の Kiss the Radio」のDJにも復帰するなど、活発な活動を見せている。最近はMnetカラオケサバイバル番組「VS」とMBC「遊ぶなら何する(撮るなら何する?)」を通じてバラエティー新星としての可能性を見せ、多方面で縦横無尽に活動中だ。

最年長のソンジンが一番最初に陸軍現役で入隊し、助教で服務を終えチームで最初に軍経験者となった。末っ子のドウンは陸軍軍楽隊で服務し、去る7月に満期転役、彼らもまたラジオとYoutubeのウェブバラエティーなどで活発に活動しており、これでソンジン、Young K、ウォンピル、ドウンまで韓国の青年として国防の義務を終え、ついに「軍経験バンド」となった。

「DAY6」はJYPエンターテインメント所属のバンドとして2015年9月にデビューし、代表曲「1ページになれるように」、「ゾンビ」など青春を代弁し、健康なエナジーを込めた歌を直接作詞・作曲し、多く愛されてきた。昨年にはメンバー全員がJYPと再契約を締結し、完全体活動に対する意思を再確認させた。JYPは「音楽的象徴性をもつグループ『DAY6』と厚い信頼関係を基に意味のある同行をしていこうとおもう」とし、「『DAY6』の未来に力強い支えとなって、より高い飛翔のため体系的な支援を惜しまない計画」だと明らかにした。

このように、全員ボーカルの”信じて聞く「DAY6」”という修飾語が輝く彼らの軍空白期がついに終了した。今年デビュー8周年を変化点に、果たして「DAY6」がどのような第2幕を開けていくのか、期待が集まっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください