1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

ソ・イングク、「ミュージカル『モンテ・クリスト伯』、本当に良いタイミングで出会った作品」

Wow!Korea / 2023年11月29日 12時3分

ソ・イングク、「ミュージカル『モンテ・クリスト伯』、本当に良いタイミングで出会った作品」

ミュージカル「モンテ・クリスト伯」に出演するソ・イングクが、「THEATRE+」12月号のカバーを飾った。

ミュージカル「モンテ・クリスト伯」で、エドモンド・ダンテス/モンテ・クリスト伯爵役で今月21日から熱演中のソ・イングクが、公演文化マガジン「THEATRE+」12月号のグラビアでカリスマある姿と少年美を披露し、注目を集めた。

公開された写真の中のソ・イングクは、レッドカラーのジャケットとレザー素材のパンツ、ポイントアクセサリーを身に着け、劇中の配役であるモンテ・クリスト伯爵の圧倒的なカリスマを盛り込んだ眼差しでカメラ見つめ、視線を集める。ソ・イングクは、一枚の写真の中に純粋だった青年エドモンド・ダンテスがひどい裏切りを受けた後、復讐心に燃えるモンテ・クリスト伯爵に変身する叙事詩を盛り込んだ。

去る21日の開幕、ドラマチックな感情を繊細に表現し「新しいモンテ・クリストの誕生」と絶賛されたソ・イングクは、久しぶりにカムバックしたミュージカル舞台へのときめきを抱え、撮影とインタビューを続けた。

ソ・イングクはミュージカル「モンテ・クリスト伯」について「以前の作品に比べると、かなりの時間を遡る時代劇なので新鮮な感じだ。あまりにも長い間愛されてきた有名な作品であり僕も初めて挑戦する役なので、ものすごい覚悟とときめきで取り組んでいる」と作品への想いを明らかにした。

さらに、ソ・イングクは「今シーズンは配役の俳優たちの年齢が全体的に低く、作品が新しくなるシーズンに合流することになった。本当に良いタイミングで出会った作品だと思う」とし、「演出家やすべての俳優やスタッフたちのおかげで、本当に幸せで多くのことを学んでいる。観客の方たちも言葉で表現できないほどの幸福感を得られると思う」と作品に対する愛情を表した。

ソ・イングクは「劇中の人物たちの貪欲さ、そしてエドモンドが復讐するのも人間が基本的に持っている心だと思う。だから100年、200年が過ぎても作品が持つ根本的なメッセージの力は変わらないと思う」とし、「『モンテ・クリスト伯』は人間の本能をそのまま盛り込んだ率直な作品だ」と、作品が持つメッセージを伝えた。

続いて、今シーズン新しく出演するエドモンド・ダンテス/モンテクリスト伯爵役の4人の俳優たちについて「4人(イ・ギュヒョン、コ・ウンソン、キム・ソンチョル)みんなカラーがとても強い方でアイデアも多様に出したが、演出家がやりたいことをすべてさせてくださった。共に作り出す過程がとても楽しかった」と明らかにし、4人4色のモンテ・クリストの舞台に対する期待を加えた。

ソ・イングクが出演するミュージカル「モンテ・クリスト伯」は、フランスの国民作家アレクサンドル・デュマの同名小説をミュージカル化した作品で、愛と裏切り、復讐、そして許しがテーマとなっている。ソ・イングクは、劇中前途有望だった若い船員「エドモン・ダンテス」と、14年後に脱獄して復讐を誓う「モンテ・クリスト伯爵」役を演じる。

特に、今年6シーズンで戻ってきたミュージカル「モンテ・クリスト伯」は、既存のドラマチックさは維持しながらも一層しっかりとした叙事詩、舞台セット、照明、衣装、音楽などすべてが新しくなった「ALL NEW MONTE」で絶賛を受けている。

一方、ソ・イングクをはじめ、イ・ギュヒョン、コ・ウンソン、キム・ソンチョル、ソンミン、イ・ジヘなどが出演するミュージカル「モンテ・クリスト伯」は、2月25日までチュンム(忠武)アートセンター大劇場で公演される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください