1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

「ソウルの春」ファン・ジョンミン、 「キャラクター誕生記」映像公開…監督が絶賛「カメラの前で全く違う人になる」

Wow!Korea / 2023年12月2日 7時55分

「ソウルの春」ファン・ジョンミン、 「キャラクター誕生記」映像公開…監督が絶賛「カメラの前で全く違う人になる」

「ソウルの春」の「キャラクター誕生記」映像が公開された。

映画「ソウルの春」は1979年12月12日、首都ソウルで起きた新軍部勢力の反乱を防ぐための一触即発の9時間を描いた作品。

撮影前にリハーサルをする監督と俳優たちの姿はもちろん、激しい努力と笑いが爆発する様子まで全て盛り込んだ「キャラクター映像」は熱い「ソウルの春」の生々しいキャラクターがどのように作られたのかを見せてくれる。

歴代級の変身で、実感それ以上の怒りを呼び起こしている保安司令官チョン・ドゥグァン役のファン・ジョンミンは「瞬間瞬間にこの人がどんなふうに反応をして対処をするのか、そのような基本的なことが私には重要に近づいてきたので、たくさん悩んで多くの資料を探してみた」と伝えた。 特に現場で姿勢一つまで悩んで練習しながらも「ああ、難しい」と独り言を言うファン・ジョンミンの姿はベテラン俳優である彼にとってもチョン・ドゥグァンが決して容易ではないキャラクターだったことを示している。 キム・ソンス監督は「カメラの前に出る時は突然全く違う人に変わり、全く新しいチョン・ドゥグァンに変わった姿を見せたようだ」と感嘆した。

首都警備司令官のイ・テシン役のチョン・ウソンは「部隊将兵に対する時の心構え、正当なリーダーシップの堂々さを見せようと努力した」と打ち明けた。 ファン・ジョンミンは「ウソンがちょうど中心を握っているから良いパートナーだったようだ」と褒め称えた。 チョン・ウソンの人生作更新という評価を受けている「ソウルの春」、これを演出したキム・ソンス監督は「チョン・ウソンと何度も作業をしたが、自分自身の行動や方式が一番多く溶け込んだのではないか」として深い信頼感を表わした。

12.12軍事反乱の導火線であり参謀総長のチョン・サンホ役を熱演したイ・ソンミンは、人物の威厳を示すと同時に、彼が感じる多様な感情を生々しく伝える演技で「貫禄」を繰り広げる。 キム・ソンス監督は「状況と場面に対する明瞭で正確な理解をして。それでもすごく自然で特別だと感じた」と話した。

パク・ヘジュンは「全体の私的組織を動かす核心人物で、決してこの人も柔らかくないな、こういうことを表現したかった」と話した。 ファン・ジョンミンの「本音が分からない面をとてもよく表現してくれたようだ」、キム・ソンス監督の「非常に多様で自然に演技をした」というコメントは優柔不断な姿の後に権力に対する欲望を徐々に表出するパク・ヘジュンの立体的な演技変身をよく見せてくれる。

キム・ソンギュンは「信念と自分が進むべき道をまっすぐに一つの道に進む、そんな人物」と紹介した。 キム・ソンス監督は「誠実な俳優という話はたくさん聞いたが、演技専攻の学生のようにほとんどそのように仕事をしていた。 本当に誠実だった」と振り返った。

映像後半、キム・ソンス監督の「興味と面白さ、関心で人々にその時代の歴史に入るドアのノブのような映画になってほしい」という願いは「映画を見た後、関連歴史映像やインターネット講義、論文などを探してみた」という観客の反応と熱い口コミが応えている。

スクリーンに生き生きと生き返った人物たちの現場ビハインドを見せる「キャラクター誕生記」を披露した「ソウルの春」は全国劇場で興行巡航中だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください