1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

「NewJeans」ミンジ、生配信中に悪質な書き込みを直接キャプチャー…「これ何…ひどい」

Wow!Korea / 2023年12月6日 13時57分

「NewJeans」ミンジ、生配信中に悪質な書き込みを直接キャプチャー

韓国ガールズグループ「NewJeans」と所属事務所ADORが、悪質な書き込みに断固たる対処に出た。

 去る5日、ADORはファンコミュニティを通じて「できるだけ多くの方々が、『NewJeans』とのコミュニケーションを楽しんでほしいという思いで生配信でのコメントを全体許容していたが、一部の悪質なコメントによって、今後生配信でのコメントは登録会員だけが利用できるように変更する予定」と告知した。

 続けて、「これまでの悪質なコメントを含む『NewJeans』に関連した悪意的誹謗(ひぼう)、侮辱、虚偽事実の拡散による名誉毀損(きそん)などの行為について、常時的に法的対応中にある」とし、「今後も持続的なモニタリングと改善を通じて、『NewJeans』とファンの皆さんが楽しくPhoning(ファンコミュニティアプリ)を利用することができるように努力する」とつけ加えた。

 最近、メンバーのミンジとヘインは生配信でファンたちとコミュニケーションする時間を持った。送られてくるコメントを見たヘインは、驚いたように「これ何。これひどい」と吐露し、ミンジは毅然とした態度で「キャプチャーして」と言って、携帯電話を操作する姿を見せた。

 その後、ヘインがミンジに「オンニ(年下女性が親しい年上女性を呼ぶ時の呼称)、その人のID覚えた? 本当に悪い」とし、「さっき少し衝撃的なコメントを見た」と話した。これにミンジは、「キャプチャーした」と、ヘインをたしなめて、ファンたちを残念な気持ちにさせた。結局、ADORまで出てきて、生配信のコメントを有料化するなどの即時対応に乗り出した。

 全員が10代で構成された「NewJeans」は、昨年8月にデビューした直後から、しつこく続く悪質な書き込みで過労状態だった。当時、未成年者であるメンバーということで、一部で提起された扇情性疑惑のうわさが流れ、過度な推測性の悪質な書き込みまで生み、ADORは「悪意的誹謗、虚偽事実の拡散、名誉毀損などの行為について法的対応をする方針」とし、「いかなる場合にも善処や合意はない」と強く警告した。

 それ以外にも、ADORは何度も「NewJeans」に対する名誉毀損、侮辱、セクハラ、虚偽事実、悪意的誹謗などの悪質な投稿について強硬に対応する方針を知らせてきた。なお「OMG」のミュージックビデオには、誰かが悪質なコメントをつけ、ミンジがこの文の作成者に向けて「行こう」と言うシーンをクッキー映像で挿入したりもした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください