1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

ドラマ「ザ・グローリー」→「ムービング」など4作品、クリスティクスチョイスアワードの候補に

Wow!Korea / 2023年12月7日 6時46分

ドラマ「ザ・グローリー」→「ムービング」など4作品、クリスティクスチョイスアワードの候補に

クリスティクスチョイス(Annual Critics Choice Awards)側は5日、第29回候補作を公開した。

この中でNetflix「ザ・グローリー」、「マスクガール」、Disney+「ムービング」、TVING「ギャランティー」が最優秀外国語シリーズ部門の候補となった。この作品たち以外にもNetflix「LUPIN」(フランス)、Disney+「グッドマザー」(イタリア)、「沈黙の通訳士」(ドイツ)が一緒に候補に挙がり、競争を繰り広げる。

クリスティクスチョイス受賞式はアメリカの放送映画批評家協会(BFCA)が主管するイベントで、アメリカを代表する受賞式のひとつとして数えられる。映画とTV部門で分かれて授賞され、以降行われるエミー賞など主要受賞式の結果を予測できる場でもある。

2020年にポン・ジュノ監督の「パラサイト」が外国語映画賞を受賞し、2021年映画「ミナリ」のアラン・キムが子役俳優賞、2021年「イカゲーム」が外国語ドラマ賞、2022年「パチンコ」が外国語ドラマ賞を受賞し、韓国系ドラマは4年連続受賞の栄光を抱いている。

候補に挙がった4作品が受賞の快挙を叶え、このような系譜を繋げることができるのか、関心が注がれている。

一方、第29回クリスティクスチョイスアワードは1月14日に行われる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください