1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

韓国で「パラサイト」超え大ヒット!映画「ソウルの春」8・23日本公開決定 韓国現代史を揺るがした衝撃事件がモチーフ

よろず~ニュース / 2024年4月22日 9時0分

韓国で「パラサイト」超え大ヒット!映画「ソウルの春」8・23日本公開決定 韓国現代史を揺るがした衝撃事件がモチーフ

映画「ソウルの春」では韓国2大スター、ファン・ジョンミン(左)とチョン・ウソンが対峙する!(© 2023 PLUS M ENTERTAINMENT & HIVE MEDIA CORP, ALL RIGHTS RESERVED.)

 2023年韓国で、年間観客動員数第1位を記録し「パラサイト 半地下の家族」を上回る、1300万人以上の観客動員で歴代級の大ヒットとなった「12.12:THE DAY(英題)」が、「ソウルの春」の邦題で8月23日より、新宿バルト9ほか全国公開が決定!

韓国現代史を揺るがした衝撃の事件を映画化 魂が燃えたぎる至高のエンターテインメント!

 本作は、今日「粛軍クーデター」「12.12軍事反乱」などとも言われる、韓国民主主義の存亡を揺るがした実際の事件を基に、一部フィクションを交えながら描かれる。韓国で公開されるやいなや、事件をリアルタイムで知る世代はもちろん、事件を知らない若者たちの間でも瞬く間に話題となり、大ヒットスタート。

 独裁者の座を狙う男、チョン・ドゥグァンへの激しい怒りに、彼に立ち向かったイ・テシンへの共感に、心をそして魂を揺さぶられた観客たちの、世代を超えた熱量に支えられ、最終的には国民の4人に1人が劇場に足を運び、コロナ禍以降の劇場公開作品としてはNO.1(2024年3月末日現在)となる、歴代級のメガヒットとなった。

 この荘厳な歴史大作にして、圧倒的緊迫感に満ちた至高のエンターテインメントを作り上げたのは、国内外の映画ファンから熱烈な支持を集めるノワールアクション「アシュラ」などで知られる名匠、キム・ソンス監督。同作でもタッグを組んだ2大スター、ファン・ジョンミンとチョン・ウソンを再び主演に迎え、文字通りの歴史的傑作を誕生させた。

 また、本日4月22日は「私の頭の中の消しゴム」「無垢なる証人」「ハント」など、多くの話題作に出演してきたチョン・ウソンの51歳の誕生日。これを記念して、ファン・ジョンミン演じるチョン・ドゥグァンとチョン・ウソン演じるイ・テシンが対峙するイメージショットが解禁となった。

「ソウルの春」
8月23日(金)新宿バルト9ほか 全国公開

 1979年10月26日、独裁者とも言われた大韓民国大統領が、自らの側近に暗殺された。国中に衝撃が走るとともに、民主化を期待する国民の声は日に日に高まってゆく。

 しかし、暗殺事件の合同捜査本部長に就任したチョン・ドゥグァン保安司令官(ファン・ジョンミン扮)は、陸軍内の秘密組織〝ハナ会〟の将校たちを率いて新たな独裁者として君臨すべく、同年12月12日にクーデターを決行する。

 一方、高潔な軍人として知られる首都警備司令官イ・テシン(チョン・ウソン扮)は、部下の中にハナ会のメンバーが潜む圧倒的不利な状況の中、自らの軍人としての信念に基づき〝反逆者〟チョン・ドゥグァンの暴走を食い止めるべく、立ち上がるのだった。

監督:キム・ソンス
脚本:ホン・ウォンチャン、イ・ヨンジュン、キム・ソンス
出演:ファン・ジョンミン、チョン・ウソン、イ・ソンミン、パク・ヘジュン、キム・ソンギュン、チョン・マンシク、チョン・ヘイン、イ・ジュニョク
2023年/韓国/韓国語/142分/シネマスコープ/5.1ch/字幕翻訳:福留友子/字幕監修:秋月望
原題:서울의 봄(英題:12.12:THE DAY)/G/配給:クロックワークス
© 2023 PLUS M ENTERTAINMENT & HIVE MEDIA CORP, ALL RIGHTS RESERVED.

(よろず~ニュース編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください