1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

霞ヶ関キャピタル社長が語る「『コンサルティング型デベロッパー』と『ファンドマネジメント』の融合モデルを次の次元に」

財界オンライン / 2021年10月19日 11時30分

河本幸士郎・霞ヶ関キャピタル社長

物流専業デベとして業界トップ目指す
 2021年9月から、当社の第11期がスタートしましたが、これまでとは違う取り組みを始めるタイミングでもあります。

【写真】霞が関キャピタル・河本幸士郎社長の経営に密着!

 我々は「コンサルティング型デベロッパー」と「成果報酬志向型ファンドマネージャー」の機能を融合したビジネスモデルを構築しています。今後も、このモデルでの事業は進めていくのですが、収益の幅を広げる事業モデルをつくりたいという思いがありました。

 これまで、デベロッパーとしての利益は外部の投資家さんにお渡しし、我々はそこから手数料をいただいてきました。今進めているのは、デベロッパーとしての利益を最大化するための仕組みづくりです。

 その第1弾として2021年9月に国内大手事業会社様と、物流施設開発に特化した合弁会社を設立することを決めました。当社が過半以上を出資し、開発に必要な資金は全て、国内大手事業会社様から調達をするというモデルです。

 我々の収益の幅が広がるというだけでなく、これまで我々が手掛けてきたものとは全く違う、大型の開発を進めることができるようになります。5年以内に、物流施設専業デベロッパーとして業界トップに立つことを目指しています。

 日本の大手事業会社が我々と組もうと思っていただけた要因を私なりに分析すると、マーケットの成長性、我々が持つデベロッパーとしての機能、さらにソーシング、プランニング、リーシング、プロジェクトマネジメントの機能を内製化できていることです。日本では、こうした条件を備えた独立系企業は希少だということだと思います。

 今回の合弁会社設立プロジェクトを我々は「霞ヶ関2・0」と呼んできました。今回、物流施設事業がバージョンアップしたわけですが、当社が手掛けるアパートメントホテル開発、再生可能エネルギー事業も近い将来、「2・0」にバージョンアップするだろうと思います。さらに今後、新たな領域へのチャレンジも検討している最中です。

 会社としての成長の道筋が見えてきたこともあり、22年度には初めて、中期経営計画を策定し、公表します。コロナ禍もあり、前提を置きづらい状況が続いてきましたが、ようやく少しずつ「ウィズコロナ」の歩み方が見えてきましたし、物流施設という大きな柱も立ちましたから、株主への責任を果たすこともできるだろうと考えました。

ホテル、再エネにもさらなる可能性
 我々が手掛けているアパートメントホテルの稼働は、やはりコロナもあって各地で低い状況が続いています。ただ、省力化による低コスト運営でキャッシュフローは黒字ですから、マーケットが少しでも回復してくれば、強みが出ると思います。

 再生可能エネルギー事業は太陽光の適地が減少する中で様々な可能性を探ると同時に、陸上の大型風力発電開発に向けて、土地を取得しています。

 さらに、国内にとどまらず海外にも目を向けていきます。我々が手掛けている「冷凍冷蔵倉庫」はアジアでもニーズの強いものだと思います。

 これからも我々は価値を生み出し、変化を起こし続ける会社でありたいと思っています。そして、事業の規模は大きくなったとしても、ベンチャー企業としてのカルチャーは残り続けるだろうと思っているんです。

 我々のビジネスの姿を例えるなら、種を植えて芽が出て、小さな花が咲くところまで我々単独で一生懸命頑張って、様々なパートナーとともに花畑にしていくという存在でありたいと思っています。

河本幸士郎 こうもと・こうしろう
1973年11月兵庫県生まれ。大阪大学経済学部卒業。99年明豊ファシリティワークス入社。2003年グローバンス入社。06年グロブナー・ファンド・マネジメント・ジャパン・リミテッド入社。15年霞ヶ関キャピタル代表取締役社長に就任。

【おすすめ記事】なぜ今、江戸川区小岩なのか? 三井不動産の「小岩駅北口」再開発が注目される理由

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング