40代から始める「ズルい英語学習法」

ZUU online / 2017年3月21日 8時50分

写真

40代から始める「ズルい英語学習法」(写真=The 21 online) (ZUU online)

■中学レベルの英語を学び直すだけでいい!?

忙しさや記憶力の低下を理由に、英語の習得を諦める人も多い40代。しかし、彼らこそ英語を学び直すべきだと語るのは、数々の英語関連書籍でベストセラーを連発してきた小池直己氏。しかも、中学レベルの英語をおさらいするだけで、最低限の英語は習得できるという。その具体的な勉強方法を教えてもらった。

■英語の基礎は、中学英語でほぼ身につく

グローバル化が進む昨今、英語は欠かせないスキルになりつつあります。しかし、学校を卒業して以来、英語を勉強せずに40代を迎えるビジネスマンは数多くいます。危機感はあるものの、忙しさや記憶力の低下を理由に、英語へのコンプレックスを抱えたまま、習得を諦めてしまっている人もいます。

ただ、そもそも本当に「英語ができない」のでしょうか。私たちの多くは、中高六年間は英語に触れ、基礎は身につけてきたはずです。

実はそこで身につけた英語力は、思っているほど低くはないのです。たとえ、学生時代に勉強したことをほとんど忘れているとしても、一度覚えたことは完全に消え去ることはありません。ポイントを押さえて復習し、その上に新たな知識を加えていくことが、英語を短期間で、効率的に習得する近道なのです。

とはいえ、40代はとにかく時間がありません。中間管理職ともなればひとしおでしょう。そのため、効率的に英語を習得する勉強法が求められます。

では、それはどんな勉強法なのか。そこでお勧めしたいのが、「中学英語」のやり直しです。

というのも、英語の基礎は中学の時点でほとんど学んでいるからです。高校英語は、その知識を応用するだけと言っても過言ではありません。

とくに、多くの方が苦手意識を抱きがちな文法は良い例です。実際に必要とされるのは「be動詞+動詞のing形」や「have+過去分詞」といった時制、「which やwho、that 節」といった関係代名詞くらいですが、これらはすでに中学で習っていることばかり。高校で学ぶことはそれを複雑にしたものにすぎません。

さらに言えば、日常的な英会話においては、関係代名詞すらほとんど使われません。中学英語の中でも、ごく限られた文法のエッセンスを知っているだけでほとんど間に合うのです。英会話に限って言えば、中学英語の文法ですら、すべてをおさらいする必要はないのです。

■「1を聞いて10を知る」勉強法を

それでも、本当に中学レベルの英語を学び直すだけで大丈夫なのかと疑う方は多いのではないでしょうか。

ZUU online

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング