住宅ローンのボーナス返済にひそむリスク

ZUU online / 2017年6月15日 8時10分

写真

住宅ローンのボーナス返済にひそむリスク(写真=Gearstd/Shutterstock) (ZUU online)

今年も夏のボーナスの季節がやってきました。2017年夏のボーナス支給日は、公務員が6月30日、民間企業は7月初旬といわれています。貯蓄か消費か迷っている人もいれば、住宅ローンの返済に充てる人もいるでしょう。しかし、住宅ローンのボーナス返済には思わぬ落とし穴があります。現在の返済プランが最適なものになっているかどうか、ボーナスを機に見直してみてはいかがでしょうか。

■ボーナス返済とは何か

住宅ローンのボーナス返済とは、「毎月返済」と「ボーナス返済」の2つを並行しておこなう返済方法です。金融機関によっては「ボーナス時“併用”返済」と表すこともあるようです。他の返済方法と併用することのないクレジットカードのボーナス払いとはまったく別のものです。

住宅ローンのボーナス返済では、借入額を毎月返済分とボーナス返済分に分けてそれぞれ返済していきます。たとえば1,000万円を35年ローンで借りるなら、700万円を毎月返済分、300万円をボーナス返済分、というように分けます。配分は自由ですが、通常は半分までが上限です(フラット35なら40%まで)。返済回数は毎月返済が12ヶ月×35年=420回払い、ボーナス返済は年2回だとして2回×35年間=70回払いになります。

ボーナス払いを含むことによって、月々の返済額が軽くなるのがボーナス返済の大きな魅力です。年間支払額120万円をすべて毎月返済すると月々の返済額は10万円ですが、20万円分をボーナス返済にすると、8万3,000円程度で済みます。ただし、1万7,000円分トクしたわけではありません。その分ボーナスから持っていかれるのです。プールの水を1つの栓から抜くか2つの栓から抜くかの違いで、減らさなくてはならない水の量は同じなのです。

■ボーナス返済で返済総額が高くなる?

ボーナス返済の最大の問題点は、毎月返済のみで返済するよりも返済総額が高くなることです。ボーナス返済はいわば「まとめて支払う方法」なので、年1回または2回といった少ないタイミングがくるまではローン元本が減りません。一方、毎月返済は少しずつでも元本が減っていきます。利息は元本に対して発生するので、ボーナス返済は支払いを先延ばしにしているぶん、利息が余計に発生してしまうのです。

例えば、3,000万円を金利2%で35年間借りた場合、ボーナス返済の割合によって返済総額は以下のように変わります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ZUU online

トピックスRSS

ランキング