上値を試す動きに、2万円台固めとなるかどうか

ZUU online / 2017年6月20日 8時10分

写真

上値を試す動きに、2万円台固めとなるかどうか(写真=PIXTA) (ZUU online)

昨日も今日も梅雨が明けたかのような転機になっていますが、株式市場も世界同時株高となっています。ただ、昨日の日本市場でも指数は高いのですが個々の株を見ていると偏りもあり、出来高が少ないことも相まって今一つ盛り上がりに欠ける展開です。

ここからさらに参加者が増えて盛り上がるかどうかということになりそうですが、積極的に買い上がるような材料もなく、逆に売り急ぐほどの手掛かりもないという感じで、高値を試すものの盛り上がらない相場が続きそうです。買われ過ぎたものは買い戻し一巡後は再度売られるのでしょうから、売られ過ぎたものが買い戻し一巡後に買われ過ぎの水準まで買われるかどうかということが注目されます。

米国金利が上昇、為替が円安になったことや米国株が総じて堅調となったこと、そして日経平均先物や夜間取引やシカゴ市場で買われていたことから、本日の日本市場も堅調な展開になりそうです。半導体関連銘柄や機械株が引き続き買われるということになると指数への影響も大きく、上値を試す動きになりそうです。小型銘柄も値動きの軽いものから買われそうです。

2万円をしっかりと抜けてきたことで今度は2万円台固めとなるかどうかというところです。買い戻し一巡からの手仕舞い売りに押されることもあるのでしょうが、2万円を割り込んだら買いという状況が2万円に近付いたら買いに変わるかどうかということでしょう。それでも月初の高値を意識しするとまた一気に売られるということもありそうです。

■本日の投資戦略

昨日の日本市場は唐突に買われたという印象です。米国市場も海外市場が高いから買われたという感じでもあり、日米欧のイベント通過で買い直されているという感じです。ただ、指数が押し上げられているという割には出来高も少なく、物色対象に広がりもなく、盛り上がりに欠ける展開です。しっかりと参加者が増え、物色対象が広がるかどうかということになりそうです。

米国の利上げの影響が懸念されますがIMF(国際通貨基金)が一早く動いた感じで、それも世界的な株高につながったということで良いのだと思います。要は株価が堅調となるにはお金が流れてこないといけないのですが、米国の利上げにもかかわらず資金が吸い上げられるということでもなく、逆に債券を今のうちに売っておこうというような昨年11月、12月に見られた動き、利上げ後に調整となった後に見られた動きになったということでしょう。ただ、ここからさらに債券売り株買いの動きになるかどうかというところもしっかりと見ておく必要はありそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・アルゴナビス)、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。メールマガジンも配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

ZUU online

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング