貸出・マネタリー統計(17年9月)~「貯蓄から投資へ」の動きは確認できず

ZUU online / 2017年10月13日 17時20分

写真

貸出・マネタリー統計(17年9月)~「貯蓄から投資へ」の動きは確認できず(写真=Thinkstock/GettyImages) (ZUU online)

■貸出動向: 都銀を中心に2ヵ月連続で大きく鈍化

10月12日に発表された貸出・預金動向(速報)によると、9月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比2.99%と前月(同3.24%)から低下した。伸び率の低下は2ヵ月連続となる。地銀(第2地銀を含む)の伸び率は前年比3.6%(前月も同じ)と安定的に推移しているが、都銀等の伸び率が前年比2.3%(前月は2.8%)と大きく低下したことが響いた。主にM&A資金など大口貸出が前年に比べて少なかった影響のようだ。

次に、為替変動等の影響を調整した実勢である「特殊要因調整後」の銀行貸出伸び率(*1)を見ると、直近判明分である8月の伸び率は前年比3.07%と7月(3.22%)から低下している。7月から8月にかけてのドル円レートの円安幅(前年比)は小動きであったため、見た目(特殊要因調整前)の銀行貸出の伸び率低下(7月3.42%→8月3.24%)に沿った動きとなった。昨年後半以降、見た目の伸び率上昇に作用してきた円安による押し上げ効果も一服している。

9月の「特殊要因調整後」伸び率は未判明だが、9月におけるドル円レートの前年比での円安幅は8.5%と8月から横ばいであった。円安は外貨建て貸出の円換算額を押し上げることで見た目の伸び率を押し上げるが、8月から9月にかけての円安による押し上げ幅はほぼ変わらなかったことになる。従って、9月の特殊要因調整後の伸び率は、見た目の伸び率の低下幅(0.25%)と同程度低下したと考えられ、前年比2.8%程度になったと推測される。

なお、8月の新規貸出金利については、短期(一年未満)が0.524%(7月は0.620%)、長期(1年以上)が0.823%(7月は0.832%)とそれぞれ前月から低下した。短期については過去2番目の低水準となっており、3ヵ月移動平均をとったトレンドでも低下基調が続いている。長期については、トレンドとしては下げ止まり感が出ているものの、日銀の長短金利操作のもと、今後も市場金利が極めて低位に抑制されるうえ、激しい競争環境も金利の抑制に働くため、明確な上昇は見込めない。

----------------------------------
(*1)特殊要因調整後の残高は、1カ月遅れで公表されるため、現在判明しているのは8月分まで。
----------------------------------

■マネタリーベース: 増加ペースが再び鈍化へ

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ZUU online

トピックスRSS

ランキング