「2030年までに8億人分の仕事がロボットに引き継がれる」マッキンゼー予想

ZUU online / 2018年1月13日 8時10分

写真

「2030年までに8億人分の仕事がロボットに引き継がれる」マッキンゼー予想 (画像=Thinkstock/GettyImages) (ZUU online)

マッキンゼー・グローバル・インスティチュート(以下、MGI)が労働市場の未来を予測する調査を行った結果、対象となった11の産業すべてにおいて、「2030年にかけて、日本の労働市場の需要は落ち込むあるいはほとんど成長しない」と予想されていることが分かった。

MGIが発表したレポート『JOBS LOST, JOBS GAINED: WORKFORCE TRANSITIONS IN A TIME OF AUTOMATION』によると、「2030年までに8億人分の仕事がロボットに引き継がれる」と見込まれており、総体的に、IT技術者や建築技士、教育および医療関連の職業は今後需要が伸びると期待されているが、修理工や整備工、農夫、清掃夫といった物理的作業は「AI化による雇用縮小のリスクが最も高い」という。

■主要調査対象6カ国中、労働市場の予想成長率が最も低い日本

調査はMGIが「2030年までに自動化されている職業」に焦点を当て、日本・中国・米国・インド・ドイツ・メキシコを含む46カ国・地域における労働市場の移行を調査・予想したもの。

今後人間の従業員の需要がさらに伸びる・落ち込むと予想されている職業を国ごと(日本・中国・米国・インド・ドイツ・メキシコ)に比較してみると、日本は特殊な位置づけにあるという印象を受ける。調査の対象となった11の産業すべてにおいて、日本の労働市場の需要は落ち込むあるいはほとんど成長しないと予想されているのだ。

例えば今後需要がさらに伸びると予想されている職業のひとつに、コンピューター技師や専門家が挙げられる。デジタル社会への移行を考慮すると当然の流れと思いきや、インドでの需要(129%増)が極めて高くなると予想されているのに対し、日本はその8分の1程度(15%)にとどまる。

教育関連職の需要も現在の2倍以上(208%)というインドや中国(119%増)など、ほかのすべての対象国で伸びると期待されているが、日本は6カ国中唯一落ち込む(8%減)。特に物理的作業(33%減)、事務作業(23%減)、建設(16%)といった産業で、日本の雇用が大幅に縮小していきそうだ。

■経済成長の鈍化が原因で多くの職業が自動化される?

こうした需要の落ち込みは、けっして産業自体の縮小を意味するものではない。自動化が進み、人間の雇用口が減るということだ。

MGIは日本における経済成長の鈍化そのものを、予想結果の要因として挙げている。「日本は経済的に豊かな国だが、2030年にかけて経済成長は鈍化していく」とし、その結果、多くの職業が自動化に追いやられる―つまり人間の従業員の雇用が減ると予測している。高齢少子化による影響もあるだろう。

ZUU online

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング