TikTokのヒットに思うこと

ZUU online / 2018年12月18日 20時30分

写真

TikTokのヒットに思うこと(画像=PIXTA)

■TikTok を手掛けるのは中国ByteDance

ショート動画配信アプリ「TikTok(ティックトック)」が日本で若者中心に支持を集めている。テレビ、新聞等で多く取り上げられており、実際に使ったことがなくてもご存知の方は多いだろう。日本経済新聞社がまとめた2018年の「日経MJヒット商品番付」では、堂々「西の横綱」に選ばれた。「インスタ映え」という言葉が「2017ユーキャン新語・流行語大賞」に選ばれた写真共有アプリ「インスタグラム」に続く注目の存在となっている。

TikTokを手掛けるのは中国のユニコーン(1)企業、2012年創業のByteDanceである。同社のニュースアプリ、Toutiao (今日頭条)は中国で多くのユーザーを抱えている。同社のプラットフォームは、AIを活用し、利用者それぞれが関心を持ちそうなコンテンツを提供するようになっているそうだ(2)。この11月には、未上場の企業ながら、日本のソフトバンクグループなどの投資家から30億ドル(1ドル112円換算で約3,360億円)という巨額の資金調達を実施したと報じられた(3)。その際につけられた評価額(企業価値)は、750億ドル(約8.4兆円)とも言われ、世界最大級のユニコーンとなった。

もしかしたら、中国企業の製品だと知らずに使っているユーザーも多いかもしれない。日本でTikTokがリリースされたのが2017年の夏である。素直に「面白い」と受け入れられた結果、わずか1年程度で多くの日本の若者の心を鷲づかみにした。ユーザーが1日に何度も起動するアプリになれば、ビジネスの可能性はより広がっていく。メディアとしての広告価値は高まり、メッセージアプリのLINEのように違った領域に横展開していく可能性もあろう。

--------------------------------------------
(1)一般に、創業10年以内で企業価値が10億ドル以上(1ドル=112円換算で1120億円)の未上場ベンチャー企業を指す。
(2)ByteDance ウェブサイトによる。https://bytedance.com/ai/
(3)Bloomberg”Bytedance Is Said to Secure Funding at Record $75 Billion Value”(2018年10月26日)
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-10-26/bytedance-is-said-to-secure-funding-at-record-75-billion-value

ZUU online

トピックスRSS

ランキング