RIZAPのM&A投資は、ソフトバンクや日本電産と何が違ったのか?

ZUU online / 2019年1月12日 17時30分

写真

RIZAPのM&A投資は、ソフトバンクや日本電産と何が違ったのか?(画像=designer491/fotolia)

■『武器としての会計ファイナンス』著者・矢部謙介さんが解説!

印象に残るCMで一躍有名となり、業績の急拡大を続けていたRIZAPグループ(以下、RIZAP)。しかし、同社が2019年3月期中間決算で大幅な減益予想を発表したことで、市場に衝撃が走りました。

同社の急成長を支えてきた原動力と頓挫の原因を、ファイナンスの視点で読み解くとどうなるのか。『武器としての会計ファイナンス』の著者・矢部謙介さんに解説していただきました。

■RIZAPはなぜ業績予想を下方修正したのか?

2018年11月14日、RIZAPは業績予想の下方修正を発表しました。それまで約159億円の黒字予想としていた連結最終損益を、70億円の赤字になる見込みだとしたのです。それまで、500円前後で推移していたRIZAPの株価はその発表以降急落し、2018年11月19日の終値では255円と、それまでの半値近い水準まで下がってしまいました。

そもそも、RIZAPの本業は主にダイエットを目的としたフィットネスジム事業であり、この事業自体の業績は堅調だと伝えられています。今回RIZAPが業績の下方修正を行なった理由は、RIZAPが近年相次いで実施してきたM&Aにありました。そこで、RIZAPでは新規のM&Aを原則として凍結すると発表したのです。

■RIZAPのM&A投資は何が問題だったのか?

以下の表は、RIZAPがここ5年間の間にM&Aを行なってきた主な企業をまとめたものです。

RIZAPの主な買収対象企業(出所:RIZAP有価証券報告書)

(3月期) / 主な買収対象企業 2014年 / イデアインターナショナル、 ゲオディノス(現SDエンターテイメント) 2015年 / 夢展望 2016年 / タツミプランニング 2017年 / パスポート(現HAPiNS)、ジーンズメイト、ぱど マルコ(現MRKホールディングス) 2018年 / 堀田丸正、サンケイリビング新聞社、ワンダーコーポレーション

RIZAPのM&Aの特徴は、業績不振企業を中心に買収してきた点にあります。通常、企業を買収すると、買収価格が(時価ベースでの)純資産を上回った差額を「のれん」として連結貸借対照表(B/S)の資産に計上するのですが、大きなのれんを計上しなければならないような企業の買収は基本的に行なわない、というのがRIZAPのM&Aの基本姿勢であるとされていました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング