チャート分析:豪中銀総裁が利下げ示唆、豪ドルは下落

ZUU online / 2019年2月9日 10時0分

写真

(画像=Atstock Productions/Shutterstock.com)

オーストラリア準備銀行(RBA)のロウ総裁は6日、シドニーでの講演で利下げを示唆した発言によって、豪ドルは急落した。

豪ドルは6日、1.72%の下落となった。これは約1年で最大の下落幅であった。オーストラリア・コモンウェルス銀行のFXストラテジストのElias Haddad氏は、豪ドルは 0.70を試す可能性があるが、更に大きな下落は起こらないだろうと述べている。

豪ドルは200日移動平均線の水準である0.7230がレジスタンスラインとなっていた。6日の下落は、年初来の上昇トレンドラインによってサポートされた。しかし、50日移動平均線と100日移動平均線を下抜けした。

チャートを見ると、下降トレンドの中で9月以来ヘッドアンドショルダーを形成している(上図:H=ヘッド、S=ショルダー)。

■Trading Strategies トレード戦略

慎重なトレーダーは、ネックラインを下回るまで様子を伺う。

一般トレーダーは、年初来の上昇トレンドラインを下回ってショート。

積極的なトレーダーも一般トレーダーと同じ戦略か、もしくは、200日移動平均線までもどってきたらショート。または、下落の後の利確確定で反発することを見込んで逆張りロング。

■トレード例ーロングエントリー

  • エントリー: A$ 0.7135
  • 損切り: A$ 0.7130
  • 損切り幅: 5 pips
  • 目標価格: A$ 0.7200
  • 利確幅: 65 pips
  • リスクリワードレシオ: 1:7

著者:ピンカス コーエン

(提供:Investing.comより)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング