人生における落とし穴、やってはいけない7つの「悪い習慣」とは?

ZUU online / 2019年2月12日 17時30分

写真

人生における落とし穴、やってはいけない7つの「悪い習慣」とは?(画像=日本実業出版社)

世界的ベストセラー『7つの習慣』の系譜を継ぐ1冊が登場!

『やってはいけない7つの「悪い」習慣』(デビッド・M・R・コヴィー/スティーブン・M・マーディクス:著・野津智子:訳)は、世界的ベストセラー『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー:著)の系譜を受け継ぐ1冊!

主人公の転落と再起のストーリーを通して、人生における7つの落とし穴をいかに避け、抜け出すかを解き明かす本書には、ブライアン・トレーシー(『カエルを食べてしまえ!』)、ケン・ブランチャード(『1分間マネジャー』)などをはじめ、多くのベストセラー作家から推薦の言葉が寄せられています。

満を持して日本に上陸した本書の魅力や読みどころについてみてみましょう。

私たちの身近に潜む7つの「落とし穴」

物語はある日、主人公のアレックスが、購入したばかりのゴージャスなオープンカーを家族に披露すべく家へと走らせている場面から始まります。アレックスは愛する妻と、可愛い2人の子どもをもち、会社では営業部長として活躍しています。

順調そのものと思えるアレックスの毎日。しかし実は、友人に対する見栄やリッチな休暇、快適なライフスタイルにこだわるあまり、30万ドルを超える借金を抱えていたのです。

そうした状況の中、さらにローンを組んで身の丈に合わない車を購入したことから、ついに妻は怒って家を出て行ってしまいます。

「なぜ、何もかもだめになってしまったんだろう」

アレックスが途方に暮れる中、今は亡き親友の母・ヴィクトリアと偶然再会します。

自身に起こった問題について語るアレックスに、ヴィクトリアは“人生の罠”について話し始めます。

「流砂と同じで、落とし穴や罠というのは、はまり込んでしまうのはあっという間なのに、出るとなると本当に大変。もがけばもがくほど、いよいよ深く沈み込んでしまう感じだし。

でも対処法や適切な手順を心得ていれば、抜け出すことは十分に可能よ。それどころか、思うよりずっと簡単なの。それに兆しに気づくことができたら、危険を察知して、そもそも足を踏み入れずにおくこともできる」(本書47ページより)

私たちが知らず知らずのうちに「罠」に陥ってしまう理由

ヴィクトリアは私たちの身近にひそむ「罠」の特徴として以下の4つを示します。

1. 魅力がたっぷりに見え、知らぬ間に引き寄せられてしまう

アレックスが陥った「金・借金」の罠はまさにこれ。世の中には、家や車、素敵なレストランでの食事など、お金を消費することで手に入れられる魅力的なものがあふれています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング