ビデオゲーム・ストリーミングの勝者を目指すハイテク企業

ZUU online / 2019年3月13日 19時0分

写真

出典:Getty Images

-マイクロソフト、ソニー、アルファベット、アマゾン、アップル等が「ビデオゲームのネットフリックス」を狙っています-

モトリーフール米国本社、2019年3月10日投稿記事より

ビデオゲーム業界は、ゲームがゲームセンターから家庭に移って以降、ほぼ同じビジネスモデルに依存してきました。熱心なゲームユーザーは、ソニー(ティッカー:SNE)のPlayStation 4やマイクロソフト(ティッカー:MSFT)のXbox Oneやゲーム対応PCを購入し、そしてゲームソフトを買ってゲームを楽しんできました。デジタルダウンロード等の変化はありましたが、最近までゲームソフトは個別に購入されてきました。しかし、そういった日々はもはや長くないかもしれません。ビデオゲームにおいても、初のサブスクリプション・ストリーミングサービスが既に開始されています。映画、テレビ、そして音楽のように、ビデオゲームもサブスクリプション・ストリーミングサービスの到来により、既存のビジネスモデルが崩壊しつつあります。

一部の企業は既にビデオゲームのストリーミングサービスを開始しており、また一部の企業はまだ計画段階にあります。まだ早期の段階ですが、大手企業の中には、ビデオゲームのサブスクリプション・ストリーミングに大きく賭けています。どの企業がトップに躍り出るのでしょうか?


■ 早期参入とプラットフォームサービスの相乗効果

一部のテクノロジー大手企業は、現在サブスクリプション・ストリーミングサービスを計画しているところですが、先頭企業に対して既に一歩遅れています。エヌビディア(ティッカー:NVDA)は、GeForce Nowというビデオゲーム・ストリーミング・サービスを提供しています。このサービスは、PC、Mac、そして同社独自のゲームおよびビデオストリーミング・デバイスであるNVIDIA Shield TVで利用できるようになっています。ゲーム機の主要企業であるマイクロソフトとソニーも、ビデオゲーム・ストリーミングに参入している。マイクロソフトのXbox Game PassとソニーのPlayStation Nowはそれぞれのゲーム機で利用できるようになっている。PlayStaion NowはPCでも動くようになっている。

ビデオゲーム・ストリーミング・サービスのいち早いスタートは、どれだけ重要でしょうか?ソニーとマイクロソフトがストリーミングサービスとゲーム機において確立した接続を考えると、これは重要かもしれません。ソニーは、累計9,160万台のPlayStation 4を販売しており、PlayStaion Nowはこのゲーム機でのみ動きます。ハードウェアにおけるソニーの優位性は、これまでのところストリーミング・サブスクリプションにおける優位性につながっています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング