押し目到来で買い好機に!?~30万円未満で買える好業績「5G関連銘柄」はコチラ!?

ZUU online / 2019年3月25日 19時50分

写真

押し目到来で買い好機に!?~30万円未満で買える好業績「5G関連銘柄」はコチラ!?(画像=PIXTA)

東京株式市場は強弱感が対立し、方向性が定まりにくい展開になっています。米国株が堅調に推移していることや、外為相場の落ち着き等は日本株に追い風となっていますが、米中貿易協議の長期化や世界的な景気減速懸念等は逆風になっているようです。

そうした中、株式市場の個別テーマとして「5G」が注目を集め続けています。SBI証券で「テーマ株投資」を効率的に行えるツールとして「テーマキラー!」をご紹介しておりますが、2019年の年明け以降、その投資テーマ別「アクセスランキング」ではほぼ毎日「5G」がトップになっています。関連企業の多くは、業績的にも堅調となっており、今後も株式市場で注目を集め続ける可能性が大きそうです。

そこで「日本株投資戦略」では、改めて「5G」に注目し、その関連銘柄について再検討してみました。単純に関連銘柄を羅列するのにとどまらず、それらの業績や株価動向等のチェックを試みました。

■押し目到来で買い好機に!?~30万円未満で買える好業績「5G関連銘柄」はコチラ!?

冒頭でご紹介した通り、弊社WEBサイトの中にある「テーマキラー!」は投資家の方にとって強い武器になり得るツールであると考えられます。「5G」関連銘柄はそこでアクセス数がもっとも多く、現在投資家がその分強く関心を抱いている投資テーマであるとみられます。

「5G」は「5th Generation」の略語で、「第5世代移動通信システム」のことを指しています。2010年頃から普及し始めた4Gの後継として研究開発が始まりました。5Gの通信速度は毎秒10ギガ(ギガは10億)ビット超と4Gの1,000倍の容量を持ち、無線区間の低遅延化や、センサーネットワークなどにおける多数同時接続が可能となります。このうち、低遅延化や多数同時接続という特徴は自動運転やIoTを実現する上で必須の技術であり、この点から5Gには、単なる「次世代通信規格」という投資テーマの枠を超えた注目が集まっています。

特に「5G」の「多数同時接続」「超低遅延」が多方面から注目を集めています。「多数同時接続」は、基地局1台から同時に接続できる端末を従来に比べて飛躍的に増やすことです。これまで自宅ではPCやスマホなど数台の接続であったものが、100程度の機器やセンサーと同時に接続できるようになると言われています。「超低遅延」は、通信ネットワークにおける遅延を極めて小さく抑えられることです。自動運転のように高い安全性が求められるものに必要な機能となります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング