女性活躍が進まない日本企業、その理由とは? 河合薫(健康社会学者)

ZUU online / 2019年4月18日 20時30分

写真

女性活躍が進まない日本企業、その理由とは? 河合薫(健康社会学者)(画像=THE21オンライン)

■「女性が輝く」よりも「皆が輝く」ダイバーシティを目指そう

女性活躍推進法が施行されて以来、政府や企業はこぞって女性活躍に力を入れている。しかし、日本で女性活躍が進んでいるのかと言われれば、首をかしげざるを得ない。その根本的な原因はどこにあるのだろうか。そこで、「人の働き方は環境が作る」をテーマに、様々なビジネスパーソンの働き方を研究している河合薫氏に、女性活躍の実態と問題点について解説していただいた。

■木を見て森を見ない働き方改革

2018年の世界各国の男女平等の度合いを指数化した「ジェンダー・ギャップ指数」で、日本は149カ国中110位。昨年から上昇したものの、男女平等の道は依然として険しい。

男女格差解消を目指すべく、政府主導のもとに女性活躍が推進され、企業は女性が働きやすい職場を作ろうとしてはいるが、あまり効果は感じられず、様々なひずみが起こっているのが実状だ。

数々の職場を取材し、その実相をつぶさに見てきた健康社会学者の河合薫氏は、その根本原因を次のように分析する。

「原因は、木を見て森を見ない働き方改革にあります。

『長時間労働の是正』や『女性活躍』というスローガンのもと、NO残業デーを設けたり、女性の管理職を3割に、といった施策を掲げていますが、それらは1本1本の『木』に過ぎません」

真に必要なのは「森」を豊かにする施策である、と河合氏。

「森とはすなわち会社のこと。会社とは人が集まる組織であり、人は土壌にあたります。土壌が肥沃になれば森は豊かになります。

すると、長時間労働の問題も、男女の機会格差も相乗的に解決していくはずです。顕在化した問題を個別に対応する今の方法では、根本的な解決には至らず、土壌に栄養を与えないまま、弱弱しい木を無理やり伸ばそうとするようなものです」

「土壌に栄養を与える」とは、実際に何をすることなのか。

「個々の社員を人として尊重することです。多くの企業は、人を単なる『コスト』と見なしています。人件費を削るために頭数や労働時間を減らすのも、女性活躍の体裁を整えるために管理職に取り立てようとするのも、すべて経営側の都合。働き手の方を見ていないのです」

■女性のロールモデルはワーキングマザーだけ!?

女性活躍という一本の木の中にも、さらに「部分」だけを切り取る現象がみられる。

「『女性が輝ける職場』と言うと、育児と仕事の両立をイメージしますね。なぜ、ワーキングマザーだけにフォーカスするのでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング