今イケてるカフェは「喫茶室ルノアール」 イメージ脱却を遂げるその戦略とは

ZUU online / 2019年8月3日 15時50分

写真

(画像=akiti/Shutterstock.com)

1996年に銀座松屋通り1号店をオープンした後、スターバックスはコーヒー好きな日本人の心をつかみ、順調に店舗を展開していきました。

そして4年前にシャミネ鳥取店をオープンし、47都道府県を制覇しました。日本における店舗数は1,363店舗に達し、都内23区でもスタバがないのは荒川区だけです。

■カフェ市場はスタバに席巻されたのか

実質的な創業者ハワード・シュルツがスターバックスに入社したのは1982年ですが、今やスタバは世界で2万店を超え、売上高50億ドルを誇るグローバル・チェーンです。

「カフェはただコーヒーを飲む休憩所ではない、素晴らしい体験をする劇場なのだ」という信念でグループを率いてきたシュルツのトップマネジメントと、顧客や従業員を大切にする優れた経営風土を強みとするスタバは、他のコーヒーショップチェーンの追い上げを簡単には許しません。

タリーズやエクセルシオールなどの競合も、店舗数や1店当たり売上高などの面で、未だスタバを脅かす存在にはなっていません。

このままカフェ市場は、スタバに席巻されてしまうのでしょうか。

■根強い人気の「喫茶室ルノアール」

そんな中、根強い人気を維持しているのが「喫茶室ルノアール」です。

喫茶室ルノアールといえば、サラリーマンのおじさんが休憩がてら新聞を片手にタバコをくゆらせているイメージが強いでしょう。取引先との商談で、ルノアールの会議室を利用したことがある人もいるかもしれません。

「ゆっくり休憩したい」というニーズを捉えた、最近のカフェにはない、ふかふかのソファーやゆったりしたスペースに魅力を感じる人が多く、根強い人気を維持しているようです。

ルノアールは、徐々に店舗数を増やし、現在では東京23区を中心に100店舗近くを展開しています。グループ会社「銀座ルノアール」もここ数年は増収基調で、2018年度決算では売上高が80億円に達しました。
最近では仕切りで喫煙室を完全に分離し、排気設備によって煙が禁煙室に流れ込まないようにするなどの対策で完全分煙化を実現しています。また、「昭和モダン」をイメージした改装によって、店内の雰囲気を明るくしました。

こうした経営努力が功を奏し、男性中心だった客層にも変化が見られ、1割前後に過ぎなかった女性客が3割にまで増加しました。

■差別化で頑張る喫茶店チェーン

最近は、ルノアールのような「カフェではない喫茶店タイプの業態」が健闘しています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング