米国経済の見通し-トランプ大統領のチキンレースに付き合わされる米国経済

ZUU online / 2019年6月13日 19時50分

写真

米国経済の見通し-トランプ大統領のチキンレースに付き合わされる米国経済(画像=PIXTA)

■要旨

  1. トランプ大統領による5月5日の対中関税率の引き上げ発表によって、合意間近とみられていた米中通商交渉が難航していることが示された。同大統領は米中首脳会談が実現しない場合に対中関税の対象を輸入品全額に拡大する可能性を示唆しており、実体経済への影響が懸念されている。
  2. 足元の経済指標は生産や企業景況感が悪化している一方、消費者センチメントや消費は底堅い状況が続いており、まちまちの結果となっている。
  3. 金融市場はインフレが政策目標を下回っていることに加え、通商政策に伴う景気減速懸念から、年内複数回の利下げを既に織り込んでいる。このため、FRBは政策目標の達成に加え、金融市場にも配慮した、難しい金融政策運営を迫られている。
  4. 米中貿易摩擦をはじめ、理不尽とも言える圧力によって合意を引き出そうとするトランプ大統領の政策チキンゲームに米経済は無理やり付き合わされおり、非常に不安定な状況と言える。
  5. 当研究所は、現時点では関税強化策が回避されることや資本市場の不安定な状況が長期化しない前提で、19年の成長率を+2.5%、20年を+1.9%と予想しており、予測期間において政策金利の据え置きを予想している。
  6. ただし、来週のFOMC会合や米中首脳会談など見通しに大きな影響を与えるイベントが目白押しとなっており、経済や金融政策見通しに対する不透明感は強い。

■経済概況・見通し

●(経済概況)1‐3月期の成長率は、前期から加速も外需、在庫などが押上げ

米国の1-3月期実質GDP成長率(以下、成長率)は、改定値が前期比年率+3.1%(前期:+2.2%)と前期から加速した。

需要項目別では、個人消費が前期比年率+1.3%(前期:+2.5%)となったほか、民間設備投資も+2.3%(前期:+5.4%)と前期から伸びが鈍化した。一方、政府支出が+2.5%(前期:▲0.4%)と前期からプラスに転じた。また、外需および在庫投資の成長率寄与度はそれぞれ、+0.96%ポイント(前期:▲0.08%ポイント)、+0.60%ポイント(前期:+0.11%ポイント)と成長率を押上げた。このため、当期の成長率が加速した要因は外需と在庫が成長率を押上げたことが大きい。もっとも、外需や在庫の大幅な成長押上げは持続不可能とみられるため、これらの要因が剥落することで4-6月期の成長率は再び低下が見込まれている。

一方、足元の経済状況をみると、通商政策の影響などに伴い企業関連統計で悪化がみられる。鉱工業生産における製造業指数(季節調整済み、3ヵ月移動平均、3ヵ月前比、年率)は19年4月が▲3.5%と2ヵ月連続でマイナスとなっているほか、設備稼働率(3ヵ月移動平均)も18年12月の77%をピークに4月の76%まで低下基調が持続している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング