【羊飼いのFX突撃取材】中長期的には米ドル/円の下げは継続すると考えられる

ZUU online / 2019年6月24日 14時20分

写真

【羊飼いのFX突撃取材】中長期的には米ドル/円の下げは継続すると考えられる(画像=PIXTA)

2019年6月24日10時時点に齊藤トモラニさんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。(提供:羊飼いのFXブログ※チャート付き)

■現在の為替相場の傾向や相場観

今週のビッグイベントは、28日(金)から2日間開催されるG20と、その期間中の米中首脳会談だ。最終合意の可能性はないが、決裂状態であった米中通商交渉は、この会談で追加緩和第4弾が延期されて交渉継続ということになれば、株価にとってはプラス材料と考えられるため、米ドル/円の下支えになるかもしれない。ただし、来週予定されているペンス米副大統領演説や中国スパコン企業への輸出禁止令で中長期的には米ドル/円の下げは継続すると考えられる。

■現在の為替相場の戦略やスタンス

米ドル/円の60分足チャートを見ると一旦の底になりやすい逆ヘッドアンドショルダーができそうなところ。もしネックラインを超えてくると、大きな時間足で確認できるレジスタンスくらいまでの上昇、その後下落、こういったシナリオを描いている。またネックラインを超えられなければ、再度下落。ただし安値を更新していくような勢いはなく、レンジになるかと思っている。

齊藤 トモラニ(トレーダー兼セミナー講師)
ウインインベストジャパンのFXトレーダー兼インストラクター。2006年11月の杉田勝FXセミナーの受講生。セミナー受講後、FXでの利益が給料を上回るようになる。その後、トレーダー兼講師として弊社へ入社。抜群のFXトレードセンスを持ち、セミナー受講生から絶大な評判を得る。「トモラニ」の愛称で親しまれている。

羊飼い(ひつじかい) FXトレーダー&ブロガー
「羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。http://kissfx.com/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング