今さら聞けないふるさと納税の仕組みについてわかりやすく解説

ZUU online / 2019年7月3日 15時0分

写真

出典:Getty Images

「ふるさと納税」という言葉はよく聞きますが、実際にどんな仕組みなのか意外と分からない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ふるさと納税の基本的な仕組みやメリットデメリットについて解説しています。

■ ふるさと納税とは一言でいうと

好きな自治体に寄付をできる制度です。

住民税と所得税の還元や控除があり、節税対策として利用する人も多くいます。

寄付した自治体からお礼の品として食品やお得な券などをもらえるため、お礼の品を目当てにふるさと納税をする人もいます。

ふるさと納税は、自治体によっては寄付金の使い道も選択することができます。

例えば「教育関係に使ってほしい」「福祉関係に使ってほしい」「観光に使ってほしい」など選択ができます。

■ ふるさと納税でもらえる返礼品の例

ふるさと納税の返礼品といえば食べ物のイメージが強いですが、自治体によって食べ物以外もあります。

人気の返礼品には下記のようなものがあります。

  • スポーツ観戦チケット
  • 乗馬などのアクティビティのチケット
  • 希少な和牛
  • 高級海鮮
  • ワインの詰め合わせ
  • 高級フルーツ

ゆかりのある自治体や好きな自治体に寄付するのももちろんですが、返礼品が嬉しい自治体に寄付する人も多いです。

■ ふるさと納税をするメリット

人気のふるさと納税にはどのようなメリットがあるのかご説明します。

□ 税金の面でお得に感じる

年収や家族の状況にもよりますが、自己負担額2,000円で数十万円分寄付し、たくさんの返礼品がもらえることがあります。

住民税や所得税の負担を減らしたい方は、早めにふるさと納税について情報収集しましょう。

□ 使い道が選べるので社会貢献している気持ちになれる

自治体によっては使い道を選択することができます。

例えば自分の故郷になかなか帰れないビジネスマンが「地元のために」と、故郷に数十万円寄付することもできるのです。

普段支払っている税金は使い道を選べません。せっかく払っても何に使われているのが分からず、支払っている意義を感じにくいのが現実です。

ふるさと納税は使い道が選べる唯一の方法です。

せっかく払うなら使い道を選びたい、という方はぜひ検討しましょう。

□ 好きな返礼品を選べる

一番嬉しいのは返礼品ですよね。

普段なかなか購入できない高級な特産品や、旅のクーポン券が送られてきます。

家族へのプレゼントとしても嬉しいですね。

■ ふるさと納税をするときに気をつけたいこと

お得なふるさと納税ですが、使い方を間違えると損することも。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング