組織を成長させる「タレント・アセスメント・ツール」はこう活用する

ZUU online / 2019年7月15日 16時0分

写真

(写真=Dean Drobot/Shutterstock.com)

企業の成長をリードするコア人材、トップタレント(優秀な人材)を発掘・育成するために、タレント・アセスメント・ツールを活用する企業が増えています。

HRテックの波に乗って様々な評価ツールが登場していますが、組織の規模や目標に合ったものを選択しないと効果は半減してしまいます。主要ツールの種類や効果的な活用法、メリットを理解することで、最大効果を狙いましょう。

■タレント・アセスメント・ツールとは?

タレント・アセスメント・ツールは、採用から育成、継承まで、組織の戦力となる人材の特定や育成戦略に役立つほか、従業員の潜在的なキャリアパスも描き出します。

アセスメントの結果に基づき、組織の成長に貢献する人材を採用し、個人の特質や能力が最大限に発揮される役割とさらなる成長の機会を与えることで、トップ・タレントの定着率が劇的に改善することが期待できます。

タレント・アセスメント・ツールの導入・活用で注意すべき点は、単なる分析・予想結果で終わらせないことです。最大限の効果を得るためには、組織の規模や目標を明確化し、分析結果を表面的には見えていなかった「気づき」の機会として活かすことが重要です。また、1回限りの実施では長期的な効果は期待できないため、定期的に実施する必要があります。

必要に応じて複数のツールを組み合わせ、自社の規模や目標に合ったアセスメント・システムを構築することで、パフォーマンス性の高い職場環境を作ることができるでしょう。

■主要ツールの種類とメリット

●1 ジェネリックスキル評価

ジェネリックスキル評価は、「チームで働く能力」「前に踏み出す力」「考える力」という3つの能力からなる、社会人基礎力を判断するためのツールです。社会人基礎力は、組織の一員として、様々な人とコミュニケーションを取りながら働く上で、必要不可欠な要素です。

●2 人格・人間性評価

個々の潜在的な人格や本質を知ることで、組織やチームへのコミットメント意識や企業活動に対するコンプライアンス意識を計測できるほか、組織における役割や能力・スキル開発トレーニングなどの指針としても役立ちます。

●3 採用適性評価

コミュニケーションスキルやチームワークスキル、仕事に対する積極性、責任度、ストレスへの耐性などを総合的に分析し、自社の企業文化やビジネススタイルに適した人材かどうかを判断します。また、将来の貢献度や潜在的な能力を予測する手段としても活用できます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング