日本人の履歴書は「ここ」で落とされる

ZUU online / 2019年7月11日 20時30分

プロジェクトにアサインされる要素としての絶対条件はスキルと情熱の二つです。そして、これらを周囲にアピールするためのポイントは三つあります。

■「三つのアピール」を実践する

1 自分の存在を知らせるために「顔を売る」

社内には名前と顔の一致しない人たちが数多くいます。プロジェクトメンバーとして選ばれるためには、まず自分の存在を相手に知ってもらうことが欠かせません。ともに仕事をしたい人のいる部署に顔を出す、まだ一緒に働いたことのない人をランチに誘って情報交換するなどしてみましょう。

私は海外案件を手がけたいと思ったとき、海外オフィスの同僚たちが出席するカンファレンスに出て発言したり、その後一緒に食事に行ったりして親しくなりました。まずは「その他大勢」から際立つために、顔を売ることが大切です。

2 自分の持つスキル・経験を伝える「自分レジュメ」を作成

プロジェクトにアサインされても、チームに貢献できなければ意味がありません。自分の持っているスキルや経験を伝える工夫が当然必要です。

私は社内用の「自分レジュメ」を作っていました。過去に参加したプロジェクトと、そこで果たした自分の役割が一覧できるものを用意していたのです。一度まとめておけば口頭で簡潔に伝えられますし、必要に応じてメールで送ることもできます。

自分の得意な業務・分野は何か、今ならどのような仕事でチームに貢献できるのか。これらを明確にしておかなければ、人に伝えることはできません。

自分のスキルや経験を棚卸しする意味も込めて、「自分レジュメ」を作成しておくことをおすすめします。定期的なアップデートも忘れないことです。

3 情熱・気持ちを率直に伝える

最後に大切なのは、やはり情熱です。先ほども述べたように、プロジェクトを取り仕切る立場からいえば、少々経験が浅くともやる気のある人、積極的な人をプロジェクトメンバーに加えたいと思うものです。遠慮する必要はありません。責任者やキーパーソンのところへ何度も足を運び、プロジェクトにかける思いを率直に伝えましょう。

■思いどおりにいかなくても腐らない

「キャリアは自分で描いていくもの」という意識で積極的に動くことが大切です。ただし、毎回自分の思いどおりにいくとは限りません。そうしたときに中長期的な目標を持ちながら、目の前に与えられた仕事に100%集中することが大切です。

あなたの情熱は誰かが見ていてくれていますし、スキルも別の場で役立てられる日がきっとやってきます。これは日本でも世界でも変わりません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング