【羊飼いのFX突撃取材】25bpの利下げが主流になりそうとの思惑、そのためドル高が進みそうだ

ZUU online / 2019年7月22日 12時45分

写真

【羊飼いのFX突撃取材】25bpの利下げが主流になりそうとの思惑、そのためドル高が進みそうだ(画像=PIXTA)

2019年7月22日11時時点に齊藤トモラニさんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。(提供:羊飼いのFXブログ※チャート付き)

■現在の為替相場の傾向や相場観

昨日21日(日)の参院選は自公が安定多数を確保したことで、マーケット的には無風で終了した。一方、先週末にFOMCメンバーのうちハト派の代表格であるブラード・セントルイス連銀総裁が0.5%の利下げまでは必要ないとコメントしたことで、25bp(0.25%)の利下げが主流になりそうとの思惑。そのためドル高が進みそうだ。

■現在の為替相場の戦略やスタンス

米ドル/円チャートをみると、60分足での斜めラインを超えてくるかだ。ただ斜めラインを超えたとしてもすぐに入ると「だまし」になってしまいそうな場所でもあるので、超えた後のリテストを待ちたいところ。この後のレジスタンスは108.40円、その上は109.00円付近になると思っている。

齊藤 トモラニ(トレーダー兼セミナー講師)
ウインインベストジャパンのFXトレーダー兼インストラクター。2006年11月の杉田勝FXセミナーの受講生。セミナー受講後、FXでの利益が給料を上回るようになる。その後、トレーダー兼講師として弊社へ入社。抜群のFXトレードセンスを持ち、セミナー受講生から絶大な評判を得る。「トモラニ」の愛称で親しまれている。

羊飼い(ひつじかい) FXトレーダー&ブロガー
「羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。http://kissfx.com/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング