貸出・マネタリー統計(19年7月)~地銀貸出の伸び率が7年ぶりの低水準に

ZUU online / 2019年8月9日 19時40分

写真

貸出・マネタリー統計(19年7月)~地銀貸出の伸び率が7年ぶりの低水準に(画像=PIXTA)

■貸出動向: 地銀貸出の伸び率が7年ぶりの低水準に

●貸出残高

8月8日に発表された貸出・預金動向(速報)によると、7月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比2.46%と前月(同2.40%)からやや上昇した。

業態別では、都銀等の伸び率が前年比2.54%(前月は2.26%)と上昇し、全体の伸び率押し上げに寄与した。M&Aに絡む資金需要などが影響した模様だ。

一方、地銀(第2地銀を含む)の伸び率は前年比2.39%(前月は2.52%)と前月から低下した。低下は5ヵ月連続となり、伸び率は2012年7月以来7年ぶりの低水準を記録している。過熱が問題視されたアパートローンに加え、中小企業向けや地公体向け貸出の低迷が、主な担い手となってきた地銀の貸出鈍化に繋がっている可能性が高い。

また、6月末時点の貸出伸び率(前年比)について、業種別の貸出寄与度を確認すると、金融・保険(3月末0.19%→6月末▲0.25%)、電気機械(3月末0.29%→6月末0.13%)、運輸・郵便(3月末0.13%→6月末0.00%)、化学(3月末0.27%→6月末0.16%)などで寄与度の低下が目立つ。かつて牽引役であった不動産業(3月末0.63%→6月末0.59%)の寄与度も3月末から若干低下しており、貸出を牽引する業種が見当たらない状況にある。

●主要銀行貸出動向アンケート調査

日銀が7月18日に発表した主要銀行貸出動向アンケート調査によれば、2019年4-6月期の(銀行から見た)企業の資金需要増減を示す企業向け資金需要判断D.I.は▲2と前回(2019年1-3月期)の3から低下した。低下は2四半期連続となる。また、同D.I.がマイナス圏(すなわち、「減少」との回答が優勢)に落ち込んだのは、2013年4-6月期以来6年ぶりのこととなる。

企業規模別では、大企業向けが▲5(前回は▲2)とマイナス幅を拡大したほか、これまで比較的高い水準を維持していた中小企業向けも▲1(前回は5)と低下した。業種別では、建設・不動産業に加えて製造業の低下が顕著であり、米中通商摩擦が資金需要に影響を及ぼした可能性がある。需要が「(やや)減少」とした先にその要因を尋ねた問いでは、「設備投資の減少」を挙げた先が最も多かった。

また、個人向け資金需要判断D.I.も▲1と、前回の3から低下し、マイナスに転じた。低下は4四半期ぶりとなる。主力の住宅ローンが▲1(前回は5)とマイナスに転じたことが響いた。住宅ローン需要が「(やや)減少」とした先にその要因を尋ねた問いでは、「住宅投資の減少」を挙げた先が最も多かった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング