【全13社】不動産売買・住宅情報サイトまとめ

ZUU online / 2019年8月18日 10時0分

賃貸物件からマンション、土地まであらゆる不動産物件を探せる情報サイト。ビルやアパートなどの収益物件情報も掲載されている。物件情報ページにローンシミュレーションがあり、頭金や金利を入力すると毎月の返済額が確認できるのが便利だ。また投資家向けに管理会社の比較ページもあり、エリアや物件の種別を入力すると複数の管理会社から一括で見積もりがとれる。管理会社を探している場合はぜひ利用したい。

●住友不動産販売

公式サイト:https://www.stepon.co.jp
掲載物件:中古マンション、新築マンション、中古一戸建て、新築一戸建て、土地、アパート一棟、マンション一棟、ビル
不動産売却:可能
利回り表示:あり

住友不動産が運営する不動産の情報サイト。「投資用不動産」のページでは、一棟マンション、一棟アパートなどを検索できる。投資用物件特集は他にも「利回り10%以上」、「満室賃貸中物件」などがあり、投資用物件を検索するのにかなり便利だ。利回りだけでなく周辺の写真付き情報、ローンシミュレーションなどの情報が充実しており、投資家にとってうれしいサイトとなっている。

●HOME4U

公式サイト:https://www.home4u.jp/
掲載物件:なし
不動産売却:可能
利回り表示:なし

NTTデータグループが運営する、不動産一括査定サイト。現在所持している物件を売却したいときに、無料で一括見積が取れるので便利だ。物件の種類や所在地などを入力すると三井住友トラスト不動産、野村の仲介などをはじめとする厳選1300社の見積もりが送られてくる。物件を売却しキャピタルゲインを狙う際は利用してほしい。

●楽侍

公式サイト:https://www.rakumachi.jp/
掲載物件:一棟マンション、一棟アパート、一棟商業ビル、戸建て賃貸、賃貸併用住宅、倉庫、工場、駐車場、ホテル、区分マンション、区分店舗、区分事務所、土地
不動産売却:可能
利回り表示:あり

楽待は国内最大の不動産投資情報サイト。収益物件に特化しているため、不動産投資物件を探すのに最適だ。利回りだけでなく、管理費や修繕積立金、想定年間収入、現況など実質利回り計算に必要な情報なども掲載されているため、物件選びがしやすい。また会員登録して条件を登録しておくと、希望にあう物件情報が届く「提案」というサービスがある。仕事の合間にチェックするだけでおすすめの物件を確認できるため、本業を持つ不動産投資家におすすめだ。

■自分にピッタリの不動産売買サイトを見つけよう

不動産投資において、利益を出せるかどうかは、収益性の高い物件を見つけて購入できるかにかかっている。他の投資家よりも早くいい物件を見つけるためには、物件の情報をこまめにチェックすることが大切だ。

不動産情報が掲載されているサイトを確認することは、物件探しの第一歩。それぞれのサイトの特徴を理解し、自分にあった不動産売買サイトを見つけてほしい。(ZUU online 編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング