ミレニアル世代で話題!?経済的自由と早期退職を目指す「FIREムーブメント」とは?

ZUU online / 2019年8月19日 11時0分

写真

出典:Getty Images

働かずに経済的自由を獲得し、アーリーリタイアすることは可能なのか?

このような疑問を持たれたことがある方もいらっしゃることでしょう。

実は今、欧米のミレニアル世代(1981年~1996年生まれ)でアーリーリタイア(FIREムーブメント)が広まっているのです。

それではアーリーリタイアを実現するためにどのような準備すべきなのか?

そこで今回の記事では、

  • FIREムーブメントとは?
  • FIREムーブメントが広がりを見せる背景
  • FIREムーブメントのキーワード、「4%ルール」とは
  • 20代、30代が早期退職を目指すには
  • 日本でもFIREムーブメントは普及する?

以上についてお伝えしていきます。

この記事を読んで頂ければ、FIREムーブメントを実現するための指針を知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

■ FIREムーブメントとは?

FIREムーブメントとは、Financial Independence Retire Earlyの略で、経済的自由と早期退職を実現することを指します。

FIREムーブメントはアメリカのミレニアル世代で広がりを見せており、現在は欧州などでも広まっています。

朝から晩まで働き、ストレスにさらされながら生きるライフスタイルを捨て、倹約をしながら貯蓄率を高め、リタイア後は投資を活用し貯蓄からの収益で生活を実現を目指します。

実際に欧米のミレ二アル世代では30代でアーリーリタイアをする人が増えているのです。

■ FIREムーブメントが広がりを見せる背景

ミレニアル世代はデジタルネイティブ世代とも言われ、物心つくころにはインターネット環境があり、パソコンやスマホが普及した環境に育った世代です。

彼らはモノを消費するよりも、ボランティアやイベントなどのコトに消費することに重きをおいています。

モノに依存をしないため、マイホームやマイカーに対し依存せず、シェアハウスやカーシェアなどシェアリングエコノミーに一定の理解があります。

ミレニアル世代はこのような特徴があり、彼らが社会人となり始めた昨今、ライフスタイルやキャリアに対する価値観も大きく変わってきました。

彼らは決して働きたくないと考えているわけではなく、ストレスで精神を消耗するお金の稼ぎ方に別れを告げ、人生をより豊かにするために時間を使うようになったと言えます。

そのため特定の組織に属さず、フリーランスとしてキャリア形成をしたり、本業の他に副業を持つなどこれまでの働き方と異なる動きをすることも特徴の1つです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング