【羊飼いのFX突撃取材】米ドル/円も日米の長期金利差が底堅くなってきている

ZUU online / 2019年8月19日 12時50分

写真

【羊飼いのFX突撃取材】米ドル/円も日米の長期金利差が底堅くなってきている(画像=PIXTA)

2019年8月19日11時時点に齊藤トモラニさんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。(提供:羊飼いのFXブログ※チャート付き)

■現在の為替相場の傾向や相場観

香港の状況が悪化する中、米国が中国の人権問題に関して内政干渉を強め、台湾への新たな武器販売、ファーウェイへの部品供給停止の開始等々、米国の中国攻撃が強くなってきている。しかし、先週末は株価は反発。世界中の長期金利の下落が止まり急反発した。

■現在の為替相場の戦略やスタンス

米ドル/円も日米の長期金利差が若干広がり始めたことを受けて、底堅くなってきている。ただし、中国の米国に対する報復内容によっては再びリスクオフで米ドル/円が売られることも考えておきたいところ。60分足チャートをみると、レンジの中で価格が収縮してきている。そのため、そろそろどちらかにブレイクしそう。ブレイクした方向にエントリーしたいが、どちらにブレイクしても値動き自体は限定的かもしれないため、きっちりと利確していきたいところだ。

齊藤 トモラニ(トレーダー兼セミナー講師)
ウインインベストジャパンのFXトレーダー兼インストラクター。2006年11月の杉田勝FXセミナーの受講生。セミナー受講後、FXでの利益が給料を上回るようになる。その後、トレーダー兼講師として弊社へ入社。抜群のFXトレードセンスを持ち、セミナー受講生から絶大な評判を得る。「トモラニ」の愛称で親しまれている。

羊飼い(ひつじかい) FXトレーダー&ブロガー
「羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。http://kissfx.com/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング