老後に備える!資産運用の比較と利回りを考える

ZUU online / 2019年9月9日 10時20分

写真

(画像=fotogestoeber/Shutterstock.com)

金融庁による老後資金の不足が話題になっています。金融審議会市場ワーキンググループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」によると老後に備えるには1,300万~2,000万円が必要です。一方で政府は貯蓄から投資への切り替えを推奨しています。預金だけの資産運用ではもはや生活がままならなくなった現代、どのような資産運用をすることで将来に備えることができるでしょうか。本稿では不動産投資を含め、さまざまな投資の特徴について説明します。

■預金だけの資産運用では一生かかっても増えない

現在、銀行の普通預金の利率は0.001%(2019年7月時点)のところがほとんどです。1億円を預けて1年後にもらえる利息は1,000円(税引前)ということですから、利息としての効果はあまりありません。人生100年時代に差し掛かり、老後の生活費には公的年金に加えて1,300万~2,000万円の用意が必要といわれている現代、老後に備えて自分でお金を用意しておくことが必須となりつつあります。

低金利時代において銀行の預金金利は運用としてはあてになりません。そのため日々の労働はもちろんのこと、資産運用を通じてお金を増やすことが求められるようになっています。

■資産運用にはどのようなものがあるか

資産運用と一言でいってもその種類は多岐にわたります。いわゆる投資の中で多くの人がすぐに思いつくものといえば株式投資でしょう。投資には株式のほか、先物取引、国債、FX(外貨証拠金取引)、不動産投資、投資信託などさまざまなものがあります。資産運用はお金を増やすことが目的です。ではこの中で短期的に利益が出やすいものは何かといわれれば、株式投資かFXが挙げられます。

ただし、そのような考えで投資をはじめることは決しておすすめできません。

■リターンが大きければリスクも大きくなる

資産運用では収益のぶれ幅のことを「リスク」と呼びます。収益のぶれ幅が大きければ儲かる可能性も大きくなりますが、当然損する可能性も大きいです。銀行への預貯金であればほとんど利息はつきませんが、金融機関の破綻などを除くと損失を被ることはありません。一方、株式やFXはすぐに儲かる可能性がありますが、すぐに大きな損失を被るおそれもあるということです。

■リスクと利回りで金融商品を比較してみる

では、それぞれの金融商品のリスクはどうでしょうか。リスクにもカントリー・リスクや価格変動リスクなど、さまざまな種類があります。本稿では一般論として主だった金融商品を紹介します。リスクの低い商品の代表格はタンス預金や銀行の預貯金です。これらの利回りは「ないに等しいもの」ですが、額面が減るリスクはまず生じないため、預けておく分には問題はありません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング