【iDeCo】松井証券で始める資産運用の始め方や注意点を紹介

ZUU online / 2019年8月31日 17時30分

写真

(画像=PIXTA)

老後資産形成のための手段としてiDeCo(個人型確定拠出年金)を始める投資家が増えている。iDeCoを始めるには、運用を行う金融機関で口座を開設し、手続きを行う必要がある。今回は数ある金融機関の中から松井証券をピックアップ。手続きの方法や、必要な手順、注意点などを解説していく。

■松井証券でiDeCoを始める方法は?

iDeCoを始める方法は、現在の加入状況などによって手続きが異なる。年齢や条件によって加入できない場合もあるため、それぞれの場合について解説していこう。

●iDeCoに新規加入する場合

まずはiDeCoに新規加入する場合の手続きについて紹介する。

① 松井証券のWEBサイトから申し込み書を請求
松井証券の公式WebサイトにアクセスしiDeCoの申込・資料請求ページより手続きを行って申込書を請求する。申し込み画面で「初めてiDeCoを利用する」を選択すること。送付される申込書類は以下のようなものだ。

・個人型年金加入申出書
・預金口座振替依頼書 兼 自動払込利用申込書
・掛金配分指定書
・事業所登録申請書 兼 第2号加入者に係る事業主の証明書 など

被保険者区分ごとに提出書類は少し異なるため、送付された資料をきちんと確認すること。すでに松井証券に口座を持っている場合は、会員サイト「ネットストック」にログインし、画面の左下にあるiDeCo申込ボタンまたは、口座管理画面の各種口座開設状況から申し込みができる。

② 申込書類の記入・返送
加入申込書類が届いたら、必要事項を記入し同封された返信用封筒で返送する。書類が松井証券に届いたら、国民年金基金連合会で審査が行われ、手続き完了までは1~2カ月必要だ。

③ 手続き完了・通知書類の到着 加入審査が完了したら、以下の書類が届く。

・個人型確定拠出年金確認通知書
・口座開設のお知らせ
・コールセンター/インターネットパスワード設定のお知らせ

個人型確定拠出年金確認通知書は国民年金基金連合会、残り2つはJIS&T社から封書で送付されるので大切に保管すること。

●企業型確定拠出年金からiDeCoに変更する場合

① 松井証券のWEBサイトから申し込み書を請求する
企業型からの移換の場合も、松井証券の公式Webサイトにアクセスし、iDeCoの申込・資料請求ページから手続きを行う。申し込み画面では「転職や退職で企業型確定拠出年金等からiDeCoへ移管する」を選択すること。送付される必要書類が変わるので間違えないようにしよう。送られてくる書類は以下の通りだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング