土地活用の相談はどこにする?種類ごとにおすすめの相談先を徹底解説

ZUU online / 2019年9月18日 16時45分

コインランドリーの土地活用はこれだけきくおいしいと感じるが初期費用が高いといったデメリットがある。 また固定客がつけば安定した収入源となりうるが、固定客がつかない立地の悪い場所にコインランドリーを作ってしまうと売却もできない状況となってしまうので、非常に危険な状況に陥ってしまう。

駐車場を用いた土地活用との違いは、とりあえずでコインランドリーを作ってしまうと痛い目をみる点で、土地活用をコインランドリーを用いて行う際は、周辺の需要や立地を確認してから行おう。その点も専門業者に相談して勝機が見えてから投資するのが重要だ。

●トランクルーム

トランクルームも駐車場やコインランドリーと同じく専門業者に相談する土地活用の1つだ。トランクルームに馴染みがない方も多いと思うが、最近では自宅に荷物を置くのではなくトランクルームを活用して自宅の荷物を少なくする目的で利用したり、それに伴い引っ越しが簡単に行えるようにしたりと、その需要は高まっている。

トランクルームのメリットは初期費用が安くすむことと、市場が現在も伸びているということだ。今後伸びる市場なので、今のうちに検討しておくのも悪くないだろう。欠点としては、駐車場と同じように税金面での優遇を得られないことだ。従ってある程度は収益の算段がついてから始めるのが賢明だ。

●老人ホーム

老人ホームは大規模な土地活用となるため、ゼネコンに相談するのがおすすめだ。老人ホームは介護保険料から老人ホーム代が支払われることや補助金がもらえるため、現段階ではメリットが大きいといえる。

しかし介護関連の法律がひとたび改正されてしまうと、状況が根底から変わってしまうためリスクも大きく、2040年以降は高齢者減少のため需要が落ちていくと予想される。需要と収益が見込めるかをしっかり相談してから老人ホームの土地活用に踏み切ろう。

●太陽光発電

太陽光発電も専門業者に相談するべき土地活用の1つだ。太陽光発電は土地活用とともに資産運用の一貫として話題になっているが、初期費用や維持費が難しく厳しい経営を強いられている人も多い。これまで紹介してきたなかでも収益が本当に上がるのかを見極める必要のある運用方法といえる。

●貸地・売却

貸地や売却という手段は、アパート・マンション経営の次に代表的な土地活用の方法といえる。ただし難易度が高く、素人が貸地や売却を行うとトラブルや詐欺に遭うケースも多い点は注意が必要だ。従って貸地にするのであれば不動産会社にまず相談を行い、売却するのであれば不動産の価格を査定してもらって準備を進めていこう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング