資格試験に合格する「参考書・過去問」の使い方

ZUU online / 2019年9月18日 20時30分

写真

資格試験に合格する「参考書・過去問」の使い方

■「外してはいけない3割」に集中し7割は切り捨てる

資格試験の勉強をしようと本気で思ったら、まずは参考書や過去問集を買おうと考えるだろう。しかし、試験によっては様々な参考書が存在して、何を選べばいいのか迷うかもしれない。自身も数々の資格を取得し、指導経験も豊富な並木秀陸氏に、効率的な参考書・過去問集の選び方と使い方を聞いた。

■参考書は評判で選ばず書店で見て選べ!

資格試験に挑む人がまず直面するのは、「どの参考書を選ぶか」という問題ではないでしょうか。

ひと昔前であれば、書店の店頭でじっくり選ぶのが一般的でしたが、便利なインターネットが普及した結果、ネット書店はもちろん、口コミサイトや体験談を掲載したブログなど、情報を得る手段が多様化しました。

とはいえ、私は、やはり直接書店に行って選ぶことをお勧めしています。なぜなら、万人にとってベストな参考書は存在しないからです。

ネットの「ベストな参考書」という情報を鵜呑みにして、手元に届いてみたら「思っていたものと違う……」ということになるのは防ぎたいもの。参考書が合っていないだけで「自分にはムリなんだ」と思ってしまい、試験にチャレンジする気持ちが萎えてしまう人も少なくありません。

では、書店に行って、どのように選べばいいのか。

まず、大型書店ではなく、中規模書店に行ってみてはいかがでしょうか。

大型書店の良いところは、数多くの参考書の中から選べること。しかし、これは裏を返せば、たくさんありすぎて選ぶのが大変ということでもあります。その点、中規模書店であれば、売れ筋のものを厳選して置いていることが多く、あらかじめ選択肢を絞ることができます。

また、書店であれば、実際に手に取って、パラパラと中身を確認できます。複数の参考書の同じ項目のページを比べてみたり、「はじめに」の部分を読んで文章がわかりやすいかを確かめたりして、自分にしっくりくるものを選びましょう。

■薄めの参考書を買い10日で読破する

そして、もう一つのポイントは、薄めの参考書を選ぶこと。

勉強をスタートするときは、誰もが「やるぞ!」という情熱に燃えているので、分厚い参考書を選びがちですが、これは危険です。いざ読み始めると、やる気が減退していき、長続きしないことがほとんどだからです。

「分厚いほうが、情報量が多いから良いのではないか」という質問もよく受けますが、実は、資格試験というものの多くは、出題範囲全体の3割の内容で7割の点数を取れるようになっています。ですから、どんな参考書でも、絶対に外してはいけない3割については必ず収録されているのです。残りの7割は、出題されない可能性が高い、難易度の高い内容です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング