貿易統計19年8月-輸出を取り巻く環境は依然厳しいが、急速な落ち込みには歯止めがかかりつつある

ZUU online / 2019年9月18日 20時15分

写真

貿易統計19年8月-輸出を取り巻く環境は依然厳しいが、急速な落ち込みには歯止めがかかりつつある(画像=PIXTA)

■輸出数量(前年比)が再びマイナスに

財務省が9月18日に公表した貿易統計によると、19年8月の貿易収支は▲1,363億円の赤字となったが、事前の市場予想(QUICK集計:▲3,463億円、当社予想も▲3,463億円)を上回る結果となった。輸出入ともに前月から減少幅が大きく拡大したが、輸入の減少幅(7月:前年比▲1.2%→8月:同▲12.0%)が輸出の減少幅(7月:前年比▲1.5%→8月:同▲8.2%)を上回ったため、貿易収支は前年に比べ3,118億円の改善となった。既往の原油安に伴う輸入価格の下落によって輸入金額が輸出金額以上に落ち込んだ。

輸出の内訳を数量、価格に分けてみると、輸出数量が前年比▲6.0%(7月:同1.6%)、輸出価格が前年比▲2.4%(7月:同▲3.1%)、輸入の内訳は、輸入数量が前年比▲6.2%(7月:同6.7%)、輸入価格が前年比▲6.3%(7月:同▲7.4%)であった。

季節調整済の貿易収支は▲1,308億円と14ヵ月連続の赤字となり、7月の▲1,040億円から赤字幅が拡大した。輸出が前月比▲2.8%の減少となり、輸入の減少幅(前月比▲2.3%)を上回った。

8月の通関(入着)ベースの原油価格は1バレル=67.5ドル(当研究所による試算値)となり、7月の67.4ドルとほぼ同水準となった。60ドル前後で推移していた原油価格(ドバイ)はサウジアラビアの石油施設への攻撃を受け、60ドル台後半へと急上昇した。通関ベースの原油価格は9月には60ドル台前半まで低下するが、10月には60ドル台後半まで上昇することが見込まれる。輸出の低迷が続く中、原油高による輸入金額の増加が加わることにより、貿易収支(季節調整値)は先行きも赤字が続くことが予想される。

■輸出を取り巻く環境は依然厳しいが、下げ止まりの兆しも

19年8月の輸出数量指数を地域別に見ると、米国向けが前年比▲3.5%(7月:同10.1%)、EU向けが前年比▲2.3%(7月:同4.6%)、アジア向けが前年比▲8.9%(7月:同▲4.7%)となった。

季節調整値(当研究所による試算値)では、米国向けが前月比▲2.7%(7月:同0.3%)、EU向けが前月比▲2.6%(7月:同6.1%)、アジア向けが前月比▲3.5%(7月:同0.3%)、全体では前月比▲4.3%(7月:同1.8%)となった。7月とは逆に主要3地域向けの輸出が全て前月比でマイナスとなったが、19年7、8月の輸出数量指数(季節調整値)の平均は4-6月期より1.1%高い。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング