【2019年最新】全15社の生命保険を徹底比較!種類ごとにランキング形式で紹介

ZUU online / 2019年9月21日 17時15分

保険金額は500万円から最大3000万円までで、保険期間は10年から30年まで5年ごとなどに期間を設定することができる。また最長加入は80歳までと、お手頃な保険料で、長期間の保障を維持できるのも嬉しい。

Bridgeは、インターネットからの申込みのみにすることで、保険料を抑えられている。ネット型保険を取り扱う保険会社は現在非常に増えており、ネット申込みに対する抵抗感が少なくなっているたことも人気の理由の一つだろう。

●3位:アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの定期保険2

アクサダイレクトの定期保険2は、「加入年齢」「保険金額」「保険期間」で月々の保険料が確定する、死亡保障を目的とした掛け捨て型定期保険である。

30歳男性が1000万円の死亡保障を10年間で申し込むと、保険料は月々1050円(2019年8月現在)で、保険料もお手頃だ。保障内容は、死亡・高度障害(病気・自己・災害)が対象。

アクサダイレクトの定期保険2の特徴は、死亡保障に、先述した「リビング・ニーズ特約」が付加されていることと、「災害割増特約」を付加することで、保障内容をより手厚く設定することができる点だ。

インターネットから申し込むことが可能で、健康状態の告知のみで最高1億円まで(災害割増特約付きは1億2000万円)と、高額な保障にも対応している。

保険期間は年満了であれば10年のみ、歳満了は55歳、60歳、65歳、70歳から選ぶことができる。家計の出費が増えるころの万一の保障として備えておくなど、ライフプランに合わせて利用したい。

●4位:楽天生命 楽天生命スーパー定期保険

楽天生命スーパー定期保険は、1年更新型の定期保険で、「加入年齢」と「保険金額」で、月々の保険料が確定する。

30歳男性が1000万円の死亡保障で選択した場合、保険料は月々980円(2019年8月現在)となる。少ない負担で万一の保障を付保できるため、現在加入している保険にプラスするのもいいだろう。

保障内容は、病気や事故による死亡・高度障害が対象になっている。災害での死亡・高度障害は対象とならない点は注意しておきたい。

楽天生命スーパー定期保険の特徴は、「リビング・ニーズ特約」の付加や、加入期間が複数年ではなく、1年更新に限定されていることが挙げられる。健康状態に関係なく、毎年更新しながら最長で80歳までの自動更新が可能だ。また、月々2000円以上の保険料であれば、一定期間で継続割引特約が適用される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング