【2019年最新】全15社の生命保険を徹底比較!種類ごとにランキング形式で紹介

ZUU online / 2019年9月21日 17時15分

●再加入の場合は保険料が上がる

別の保険に加入する目的で、現在の保険を解約しようと考えている人もいるだろう。しかし、一般的に保険は「加入時の年齢」で計算される。そのため同じような保障内容でも、保険料が上がってしまうことがある。同じ会社の保険を解約して再加入する場合も同じことだ。

●健康状態が悪化すれば保険に再加入できなくなる

生命保険に新しく加入するときには、一般的に「健康状態」を告知することになる。もし以前加入したときよりも健康状態が悪化していれば、新たに保険に加入することができない恐れがあるのだ。

持病があっても加入できる保険商品はあるが、保険料はかなり割高になってしまうことが多い。自分の健康状態も把握したうえで検討するようにしよう。

●自動振替貸付にも注意する

自動振替貸付とは、加入者から一定期間保険料の払い込みがないときに、保険の失効を避けるため、解約返戻金の範囲内で保険会社が自動で立替払いをするものだ。

「貸付」とあることからわかるようにこれには利息がかかり、解約返戻金ももちろん減ってしまう。保険料の支払いが困難になった時点で加入状況を見直すか、保険会社に相談するべきだろう

■いざというときのために生命保険は必要

家族を持つ人も、独身の人も、当然のように生命保険に加入している人が多いことだろう。しかし、保険の種類や目的を理解している人は意外と少ない。

はじめて保険に加入するときには、右も左もわからず、営業員が勧めてくる保障内容でまとまることが多いが、20代、30代からでも、老後に向けてしっかりと自分の人生設計をしておき、その計画に沿った保険内容で加入することが理想的だ。

また、健康に不安を感じ始める40代で、家計を支える世帯主なら、万一のときの保障が足りているか、家族の分も含めて見直しするべきではないだろうか。

健康も家計もまだ不安要素がないときにこそ、いざというときに後悔することがないよう、しっかりと備えておくことをおすすめしたい。保険料の負担が家計を圧迫することがないように、保障と貯蓄のバランスをとりながら計画してみてはいかがだろうか。(ZUU online 編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング