生命保険を見直すタイミングを年代別に紹介!見直す手順やメリットとは?

ZUU online / 2019年9月26日 16時30分

写真

(画像=Flamingo Images / Shutterstock.com)

生命保険は長期的に継続するものであるため、その時々の状況により見直す機会が増えてくる。年齢により病気のリスクが増え、子供が成長することで特約内容についても改める機会はあるだろう。

しかし生命保険の見直しが、どれほど重要で何に気をつけるかのポイントについては、あまり認識されていないことが多い。この記事では、生命保険を見直す必要性や最適なタイミング、見直しで気をつけるポイントを紹介する。

■生命保険を見直す5ステップを紹介

生命保険を見直すには5つのステップが存在しており、生命保険の見直しは自分にとって本当に必要なものを明確にする作業といえる。日常生活の中で、将来に対する計画や想定をすることは少ないため、なかなか難しい作業になることが予想される。

しかし生命保険は、自分や家族の将来に対する投資とも捉えることができるため、どのように見直すのかを真剣に考えることは非常に大切だ。ここでは、どのように見直すのかを5つのポイントから具体的に説明する。

●「生命保険」ではなく「保障してほしいリスク」を明確にする

生命保険は大きく「貯蓄タイプ」か「保険メインタイプ」かに大別することが可能だ。その中でも「保険メインタイプ」は万が一があった場合にそなえる保障を最大限受けたいといった方向けになる。

この時点でのシミュレーション度合いによって、保障してほしいリスクにどれだけ適した保険を契約できるかが変わってくる。次に保険のタイプと、それに対して保障されるリスクをまとめた表を記載した。ぜひ参考にしてもらいたい。

保険のタイプ大項目 保険のタイプ小項目 保障されるリスク
死亡保険 定期死亡保険 家族の生活を支えることができなくなるリスク
終身死亡保険 相続税を親族に負担させるリスク
定期保険特約付終身死亡保険 定期と終身のリスクを保障
収入保障保険 遺族の生活が破綻するリスク
医療保険・疾病保険 定期医療保険 入院や手術時で費用がかかるリスク(一定期間)
終身医療保険 自身が亡くなるまでの医療費が払えないリスク
がん保険 ガンにかかってしまうリスク
所得補償保険・就業不能保険 収入減により生活費が払えなくなるリスク
介護保険 介護保険 介護要になるリスク
死亡保障付生命保険 学資保険・こども保険 思わぬ教育費がかかるリスク
個人年金保険 公的年金で生活できないリスク
養老保険 老後の不特定なリスク

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング