空き地を収益不動産に!土地活用法やメリット・デメリットを紹介

ZUU online / 2019年9月26日 17時30分

では、各具体例について紹介する。

●不動産投資に活用

空いた土地を活用するための方法の1つ目は、不動産投資による活用である。なぜなら不動産投資による活用は、長期的な家賃収入が見込めると同時に、税金に対する優遇も受けられるからである。具体的に不動産投資には、以下のような種類がある。

・アパート経営
・マンション経営
・戸建賃貸経営
・賃貸併用住宅経営
・民泊やシェアハウス経営

これら、不動産投資について1つずつ紹介する。アパート経営は、不動産投資の中でも多くの人が手掛ける活用方法である。アパート経営は、土地の条件と予算が許されれば、比較的すぐに始めることができることが特徴である。資金の支払い方は、必要な頭金を用意し、ローンを組み建設費用を支払う流れが基本である。

メリットとしては、以下のような内容が挙げられる。

・長期的な家賃収入を得ることができる
・固定資産税が6分の1に削減される
・都市計画税が3分の1に削減される
・建築物の固定資産税が3年間2分の1に削減される
・マンション経営と比較して初期の費用が安い

またデメリットでは、以下の内容が挙げられる。

・建設費としてまとまった資金が必要となる
・建築基準法によって、建てられない土地がある
・空き部屋が発生すると収入が減少する
・管理費や修繕費等が持続的に発生する
・マンションと比較して耐久性が低い

マンション経営は、不動産投資の中でも、一般的な活用方法である。マンションは、建物自体の世帯規模が大きいため、家賃収入は高いといえる。また、建物自体の耐久性もよく、長期的に安定した収入が得ることができることが特徴である。ただし、アパート経営と比較して、初期費用が高く、立地条件についても厳しくなることが多いといえる。

メリットとしては、以下のような内容が挙げられる。

・長期的な家賃収入を得ることができる
・固定資産税が6分の1に削減される
・都市計画税が3分の1に削減される
・建築物の固定資産税が3年間2分の1に削減される
・アパート経営と比較して、建物自体に耐久性がある

またデメリットでは、以下の内容が挙げられる。

・建設費としてまとまった資金が必要となる
・建築基準法によって、建てられない土地がある
・空き部屋が発生すると収入が減少する
・管理費や修繕費等が持続的に発生する
・アパート経営と比較して初期費用がかかる

戸建賃貸経営は、アパート経営やマンション経営と比較すると非常に少ない規模での活用方法である。戸建賃貸は、富裕層による利用者が多く、比較的すぐに入居される傾向にある。また、戸建賃貸は全体的に人気であり、空室になりにくく、家賃も高く設定することができるところが特徴である。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング