空き地を収益不動産に!土地活用法やメリット・デメリットを紹介

ZUU online / 2019年9月26日 17時30分

自立支援グループホーム経営は、65歳以上の認知症高齢者の方を対象に介護を行う施設である。これらの施設は、全国展開しているもので、事業所も数多く設置されている。

土地の条件が合えば、空いた土地を必要とされることも十分に考えられる。医療系施設経営は、社会貢献による貢献度が非常に高い活用方法である。リスクも比較的少なく、利回りも高いことが期待できる。

土地活用を行うには、約200坪以上の広さの土地を要する必要がある。また、周囲には、住宅や医療機関の少ない場合であることが好ましいとされている。医療に携わる先生には、富裕層である人が多く開業までに至れば、安定した収益が期待でき、効率的な土地活用が見込める。

●土地を生かして事業を興す

空いた土地を活用するための方法の5つ目は、土地を生かして事業を興す活用である。具体的には、以下のような事業が挙げられる。

・コンビニ
・ドラッグストア
・ガソリンスタンド

このように、店舗型の事業を興すことも土地活用の1つである。ただし、これら店舗型の事業においては、駅に近い立地条件やロードサイド上に広い敷地を持つ土地であるかのどちらかであることが、重要になる。

これらの事業においては、初期の費用や管理費用についてテナント側が負担する傾向が多く、収入も大きいことが見込める。ただし、テナントが撤退してしなった場合には、収入がなくなるという状況も起こるため、それなりのリスクを負う必要もある。

●土地信託

空いた土地を活用するための方法の6つ目は、土地信託による活用である。これは、土地を保有しながらも、自ら土地活用を行う気がない場合に行う活用法である。保有している土地を活用したいが、別のものに任せ安定した収入を得たい人や、土地の所有権を残した状態で相続税などの税対策を考えている人に合った活用法である。

●土地のまま活用する

空いた土地を活用するための方法の7つ目は、土地のまま活用するといったものである。このような活用は、比較的田舎の土地を活用する際に使われる方法でる。なぜならば、広い敷地面積を持った土地を利用することで有効的な活用方法であるからだ。

具体的には、以下のような活用方法がある。

・貸農園
・太陽光発電
・土地売却

これらについて1つずつ紹介する。

貸農園は、郊外にある土地を畑として人に貸すといった活用方法である。首都圏に住む人で、家から少し離れた場所に畑を借りて自家農園を行うといった傾向が高まっていることも人気に拍車を掛けている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング