空き地を収益不動産に!土地活用法やメリット・デメリットを紹介

ZUU online / 2019年9月26日 17時30分

またアパート・マンションに関しては減税をうけることが可能なので差分を考えると大きな収益を見込める。具体的には、土地活用によって費用負担重視を考えた場合には、以下のような活用ある。

・トランクルーム
・戸建賃貸

このように、適切な活用方法が明確に絞られてくる。土地活用を行う際はその土地に合った土地活用を選んだほうがよく、もし合わない土地活用を選択してしまうと大きな損失を被ってしまう可能性もある。

●土地を活用した先にあるゴールから選ぶ

土地活用の方法を選ぶ際のポイントの2つ目が、土地を活用した先にあるゴールから選ぶということである。つまり、土地活用を始める前に、事前に土地活用をすることでどのようになりたいのかを決めておくことが大切になる。

例えば、土地活用によって収入を大きく得たいと考えた場合には、収入重視の活用方法を選ぶことで、選択の幅が明確になる。具体的には、土地活用によって収入を大きく得たいと考えた場合には、以下のような活用がある。

・アパート
・マンション
・高齢者施設
・店舗
・商業施設

大きく収益を上げることが可能な土地活用となってくるのだが需要と供給の見極めや立地の関係によっては大きな損失をだしてしまうことになってしまうのでしっかり戦略を考えて土地活用を行うことが重要だ。

土地活用おいて少しでも費用を削減して行いたいと考えている場合は以下の4つの土地活用がおすすめだ。

・戸建賃貸
・駐車場
・トランクルーム
・太陽光発電

このように、適切な活用方法が明確に絞られてくるのだ。上記の土地活用ではアパート・マンションの土地活用とは違い減税ができないのでより収益面をみないといけないので玄人向けといえる。

■土地をうまく活用して効率的な資産運用を

土地は、うまく活用することで効率的な資産運用を行っていくことが可能だ。今回紹介したように、土地の状況から適切な活用方法を見つけて、正しい手順で進めていくことでしっかりとした運用が行える。

土地活用には、さまざまな活用方法が存在するため、それぞれの活用方法を再度確認し明確にしておくことが大切である。また空き地は、放っておく状態では、ただ税金だけを支払うこととなってしまい、同時に維持費も払う状態が続いてしまう。

しかし、しっかりと土地活用することで、収入を生み出し、支払う税金分の収入も得ることも可能になってくる。そのためにも、土地活用はとても大切な運用とされる。土地活用方法をまとめ、実際にその土地に適した活用方法を見つけることで、効率的な資産運用へつなげていってほしい。(ZUU online 編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング