田舎で土地活用するメリットやデメリット&土地活用方法も紹介

ZUU online / 2019年9月26日 17時45分

写真

(画像=fizkes / Shutterstock.com)

自身が保有している土地で放置している土地はないだろうか?土地は保有しているだけで固定資産税や都市計画税がかかってきてしまうため、土地を放置しているとデメリットのほうが大きくなってしまうものだ。今回は田舎で土地を活用する際のメリットやデメリット、土地活用の方法を解説する。

■田舎の土地を活用するメリットとは?

田舎の土地を活用するメリットは、所有する土地の固定資産税以上の利益を得ることができる点にある。なぜならば、田舎の土地には、そこでしかできないビジネスによる大きな活用方法があり、上手に活用することで、その土地の固定資産税を支払う以上の利益を得ることができるからだ。

しかし、田舎の土地では、そのような活用がされていない場所がほとんどである。具体的に田舎の土地の多くは、保有していても空地の状態のままであることがほとんどで、放置された土地に対して毎回、固定資産税を支払うといった状況がある。

しかしこのような田舎の土地は、広大な広さを持ち、周辺に住む人の数も少ない傾向にあるため活用法の自由度が高い利点も持っているため、その特徴を生かしたさまざまな活用方法がある。例えば、建物が多い都会では建てることのできない建造物や施設といった建物でも、田舎の土地では建てられる。

また、周りの自然を生かした、サービスを展開させていくことも考えられる。このように、田舎の土地を上手に活用することで、今まで眠っていた土地を呼び起こし、新しい形へと変えていくことができる。

その結果、今まで支払っていた固定資産税以上の利益を生んでくれるといったメリットにもつながってくる。今回は土地活用について解説するのだが、「農地」についても少し言及しておく。

農地は土地とは異なり勝手に売買や土地活用をおこなってはいけないものもあるため、まずは自身が保有している土地を土地活用(農地転用)してよいのかを確認する必要がある。農地転用が大丈夫であれば、問題なく土地活用をおこなうことが可能だ。

しかし、農地転用をしてはいけない土地であったならば、農地としてその土地を活用し続けなければいけない。もし農地として土地活用をおこなうのであれば、市民農園や農地集積バンクに貸し出すといった方法がおすすめだ。

いずれにせよ、田舎土地だからといって勝手に土地利用をおこなって大丈夫という土地ではない場合があるので、土地活用をおこなう場合は事前に確認をすることが重要だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング