西武 VS ロッテ(5回戦 / メットライフドーム) 試合終了

2018年4月21日 17時17分更新

チーム名
ロッテ 3
西武 × 9
勝利投手
多和田(4勝 0敗 0セーブ)
敗戦投手
酒居(1勝 1敗 0セーブ)
本塁打
栗山(西武)1号3ラン(4回酒居)、浅村(西武)4号2ラン(5回酒居)、山川(西武)6号ソロ(5回酒居)
バッテリー
酒居、南、有吉 - 田村、江村(ロッテ)
多和田、平井、ワグナー、小石 - 森(西武)
開催日時 4月21日 14:00
球場 メットライフドーム
観衆 27,512人
試合時間 3時間7分
球審 中村
塁審(一) 有隅
塁審(二) 長井
塁審(三) 石山

野球ニュース

木更津総合が2度の“レーザービーム”で興南を制圧 右翼・太田と中堅・東の好返球で本塁生還を阻止! New

スポニチアネックス / 2018年8月15日 14時37分

 ◇第100回全国高校野球選手権記念大会第11日・2回戦 木更津総合7―0興南(2018年8月15日 甲子園) 木更津総合(東千葉)が外野手による2度の好返球でピンチを脱出。初回1死1、2塁で、先発の野尻幸輝(3年)は興南の4番・塚本大雅(3年)に右前に運ばれたが、右翼の太田翔梧(2年)がクイック・リリースからワンバウンドで捕手・山中稜真(3年)にボールを返し、本塁を狙った興南の主将・仲村匠平(… [全文を読む]