ソフトバンク VS 楽天(10回戦 / ヤフオクドーム) 試合終了

2018年5月25日 21時40分更新

チーム名
楽天 6
ソフトバンク 4
勝利投手
辛島(3勝 3敗 0セーブ)
敗戦投手
東浜(1勝 5敗 0セーブ)
セーブ投手
ハーマン(1勝 1敗 3セーブ)
本塁打
ペゲーロ(楽天)11号2ラン(3回東浜)、藤田(楽天)1号ソロ(7回二保)、デスパイネ(ソフトバンク)11号ソロ(9回ハーマン)
バッテリー
辛島、青山、池田、松井、ハーマン - 嶋(楽天)
東浜、高橋礼、二保、岡本 - 甲斐、高谷(ソフトバンク)
開催日時 5月25日 18:00
球場 ヤフオクドーム
観衆 36,011人
試合時間 3時間26分
球審 橘高
塁審(一) 秋村
塁審(二) 佐藤
塁審(三) 牧田

野球ニュース

元仙台育英監督・竹田利秋氏 金足農、9回無死満塁での決断 指揮官の勇気を称えたい New

スポニチアネックス / 2018年8月19日 9時25分

 ◇第100回全国高校野球選手権記念大会第14日・準々決勝 金足農3―2近江(2018年8月18日 甲子園) 【名将かく語りき~歴史を彩った勝負師たち~第14日】東北、仙台育英で甲子園通算30勝を挙げた竹田利秋氏(77=国学院大野球部総監督)が、準々決勝の金足農―近江戦を観戦した。逆転サヨナラ劇を生んだのは、中泉一豊監督(45)の勇気と評価した。 [全文を読む]