特集2017年1月4日更新

2017年にこれが来る!ヒット商品予測特集

ポケモンGOや「君の名は。」、インスタにPSVR…2016年にも様々な商品やコンテンツがヒットしましたが、2017年にはどんなものがヒットするのでしょうか?Infoseekニュースに配信されてきた記事から、今年のヒット商品を予測してみました!

声で操作できる「音声認識家電」

海外では「Amazon Echo」が大ヒット

米アマゾン・ドット・コムは2年前に音声認識機能「アレクサ」を搭載したスピーカー、「エコー」(179.99ドル)を発売した。米業界団体のコンシューマー技術協会(CTA)は音声アシスタント搭載製品がVR端末を凌駕すると予想している。
オッペンハイマーのアナリストは、年末商戦期間のエコーと米グーグルの「グーグルホーム」(129ドル)の販売台数が1000万─1200万台に達するとし「音声アシスタントはVR端末を打ち負かすだろう」と述べた。

また、日経トレンディの「2017年ヒット予測」で1位に挙げられている「ノールックAI家電」も、「声で操作できる家電」を意味する造語です。

ソニー「Xperia Ear」

具体的には、音声対話などを通じてユーザーに情報を提供する技術「ソニーエージェントテクノロジー」と近接センサーとの組み合わせによって、耳に装着したことを感知。受信したSMS、LINE、FacebookのMessengerなどのメッセージを読み上げ、そのまま音声を使った返信も可能だ。Eメールは、受信メールの読み上げのみ対応するという。
さらに、スケジュール、ニュースなどの情報も音声で知らせる。メッセージの送受信や通話、ナビゲーション、情報検索など、これまでスマートフォンを介していた操作を、音声で指示できる点が特徴だ。

Cerevo「Listnr(リスナー)」

どんな目的に使えるだろうか。Cerevoはパナソニックと協力して、乳児の声から「泣く」「笑う」「叫ぶ」「喃語(乳児が発する意味のない声)」の4種類を聞き分け、そこにこもった感情をあらわせるようにした。
マイク本体の色が変わるだけでなく、スマートフォン向けの専用アプリケーションを使えば、手元の画面で乳児の感情の変化を確認できる。

日本上陸はいつ?「Amazon Echo」

2014年に発表されたエコーは、派生モデルのエコー・ドット(Echo Dot)と同様、愛称である「アレクサ(Alexa)」と呼び掛けることで音声による指示が可能な装置。スマート家電やその他の機能にも連動でき、人工知能の家電化という流れの一翼を担っている。

自動運転システム搭載自動車

日産「セレナ」

新型セレナに搭載されるこの「プロパイロット」は同社が2016年、2018年、2020年と段階を踏んで実用化を目指している自動運転システムの第一弾となるもの。
設定した車速を上限に車間距離を保ち、車線中央を維持するようにステアリングを制御、渋滞時のステアリング、アクセル、ブレーキの全てを自動化しており、ドライブにおける疲労感軽減に大きな威力を発揮しそう。

ホンダ、グーグルと完全自動運転車の共同研究で提携

ホンダの研究開発子会社である本田技術研究所と、米グーグルを傘下に持つ持株会社アルファベットの子会社「Waymo(ウェイモ)」は、完全自動運転車の共同研究を行う方向で覚書をかわし、実現に向けた検討を始めた。ホンダが提供する車両にウェイモのセンサーやソフトウェア、車載コンピューターなどを搭載し、公道試験を米国で始めるべく協議を進めている。

ついに実現?!「二次元の嫁(旦那)」

アニメキャラと生活できる「Gatebox」

Gateboxは、ユーザーの声に反応し、アニメキャラクターを通じてやりとりする。「ご主人」が留守のときには、家にいるパートナーと行うようなテキストメッセージのやりとりも行える。照明や掃除ロボットのようなスマート家電の操作も可能だ。仕事から帰ってきたら、ホログラムの「Waifu」が掃除を済ませ、照明をつけて待っていてくれるわけだ。

VRで仮想カノジョとの“ふれあい”も

サマーレッスンは、女子高生のキャラクター「宮本ひかり」の家庭教師になり、3D空間で触れ合えるゲーム。プレイヤーの目線や体の動きに応じてキャラが反応し、首を上下・左右に振ることでイエス/ノーの意思表示もできる。
「VRカノジョ」ではこの技術を使い、自分の“手”で触る・握る・なでるなど、リアルに女の子にタッチできるように進化。ヒロイン・夕陽さくらへのアプローチの自由度もより高くなっているもようです。

2次元キャラを画面外に…「一択彼女 加藤恵」

11月21日より、GooglePlayストアにて全世界の男性待望のアプリ『一択彼女 加藤恵』(ソニー・ミュージックコミュニケーションズ)の配信が開始された。これには「俺彼女出来たわ、名前は加藤恵」「偶然だな俺も加藤恵って名前の彼女出来た」「お前ら妄想もいい加減にしろよ。それより俺も彼女出来たんだぜ。加藤恵っていうんだけどさぁ」とさっそくゲームの世界に入り込むユーザーが続出している。

豪華列車によるクルーズトレイン

豪華寝台列車が真夏の競演――。JR東日本とJR西日本がそれぞれ来春の営業運転を目指し開発中の豪華観光列車が、8月に相次ぎお披露目となった。
先手を打ったのは、JR西日本。8月15日に10両編成の「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」のうち、両端の先頭車両2両と中間車両2両を合わせた4両を、同社の網干総合車両所宮原支所(大阪市淀川区)で公開した。
(中略)
続いて、8月24日にはJR東日本が、10両で編成される「トランスイート四季島」の展望車両(10号車)とスイート車両(9号車)を川崎重工業の兵庫工場(兵庫県神戸市)で公開した。

ななつ星 in 九州

「ななつ星 in 九州」について「JR九州グループ全社員の思いが込められた車両」と語る唐池氏。北斗七星の和名から命名され「新たな人生にめぐりあう、旅」をコンセプトとした同列車は、最低でも1人25万円(第8期)が必要な高額な料金設定にもかかわらず平均倍率が30倍を超える圧倒的な人気ぶり。唐池氏は「ななつ星 in 九州」を「世界一の列車を作ろう」との思いを共有して作られた車両であると話す。

トワイライトエクスプレス瑞風

JR西日本が運転を明らかにしていたクルーズトレイン「トワイライトエクスプレス 瑞風」のデビューが6月17日に決まり、12月5日から予約を受け付ける。
■JR西日本の新・目玉列車
瑞風は、大阪と札幌を結んでいた豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」の引退に伴い、新たな目玉列車としてJR西日本が打ち出した周遊型臨時寝台列車。京阪神を起点に同社の路線を周遊しながら観光地の最寄り駅に立ち寄ることで、山陽・山陽エリアの旅を楽しんでもらう趣向だ。

TRAIN SUITE 四季島

瑞風と違いラッピングはせず、シャンパンゴールドの明るい塗装がまばゆい。「光の加減で車体の色が変わる。風景に同化する色です」(太田常務)。JR九州の「ななつ星 in 九州」が重厚なえんじ色であるのと比べると、軽やかな色合いだ。
四方を窓で囲んだ展望車両の形状も特徴的。斜めに切り取られた窓はまるで木々の枝のようだ。車内から外の風景はどのように映るのか。「車内ではさまざまな方向から光が入る。これまでにない車窓を楽しんでいただけます」と、太田常務は自信を見せる。

調理前の食材を宅配「ミールキット」サービス

kit oisix

必要量の食材とレシピがセットになり、主菜・副菜の2品が20分で作ることができる時短ミールキットです。総出荷数が300万キットを突破し、「Kit Oisix献立コース」の定期会員数は3万人を越え、2013年7月の発売以来、共働き家庭や働く女性の増加を背景に、好評をいただいている商品です。また、忙しいご家庭での使いやすさを追求する商品設計や日々の運用は、日本サービス大賞に表彰されるなど、外部からも高く評価いただいています。

TastyTable

TastyTableは、こだわりの食材と詳細なレシピの宅配サービス。週1回、2食分・2人前のレシピと使いきり食材が届き、自宅でレストランのような食卓が楽しめる。

ウィンクで撮影できる「ウィンクカメラ」

Blincam

このカメラは「子供の気ままな表情を撮りたい」という開発者の思いから生まれたそうで、見たままのものを即座に撮影することができる。
何しろ、ウインクという動作がシャッターボタンなのだ。自分が今目の当たりにしている光景を、ありのままの状態で画像にできる。
だが通常のまばたきで、この動作が発動することはない。あくまでも「強く目をつぶる」という行動にのみ反応する。

360度シアター

IHIステージアラウンド東京

円形の劇場というと、丸いステージを観客席が取り囲むイメージですが、新劇場「IHIステージアラウンド東京」は、その逆で観客席をステージが取り囲む劇場。観客席は1300人以上の観客を乗せたまま360°回転し、その周りをステージとスクリーンが取り囲む、アジアで初登場のステージアラウンド劇場です。

レゴランドジャパン

「LEGOLAND(R)」とは、2歳~12歳までの子どもがいるファミリー層をターゲットとした世界的に人気のテーマパークのことで、今回名古屋にオープンする「LEGOLAND Japan」は世界8か所目・日本初上陸。パーク内は7つのエリアに分かれており、エリアごとにそれぞれのテーマに沿った40を超えるアトラクションやショーを楽しみながら、様々なレゴ(R)の世界を体感できる。

会員制食べ放題レストラン

29ON

29ONは、真空低温調理法による“焼かない”お肉の専門店で、メニューは「おまかせコース」の1つのみ。牛肉のさまざまな部位を最高のコンディションとタイミングで食べてもらいたいと、提供する時間から逆算して肉の仕込みを行うため、提供時間も18:00~と21:30~(各3時間制)の完全入れ替え2部制となっている。さまざまなこだわりがある29ONのもう1つの特徴は、食べ放題であること。心ゆくまで、肉を味わうことができる。

いかがでしょうか?今年のキーワードは「AI」と「VR」かなという気がしたので、関連の商品を集めてみました。この中からどれだけ的中するのか、それとも現時点では予想もつかないような新たなヒットが出るのか…楽しみです。