特集2017年1月25日更新

この世は不思議な事だらけ…オカルトニュース特集

UFO、心霊現象、UMA、宇宙人などなど、この世にはまだまだ科学では解明できないことが数多くあります。そしてスマートフォンやビデオカメラなどの撮影機器とネット環境が発達した現在では、ネットで騒がれる不思議な画像や動画が出回りやすい環境となりました。そんな不思議な出来事のいくつかをピックアップしてご紹介。信じるか信じないかは、あなた次第!?

UFO(空飛ぶ円盤)

【UFO(空飛ぶ円盤)】… 未確認飛行物体の中でも、いわゆる「空飛ぶ円盤」と呼ばれるもの。昔から目撃例が多く、写真やビデオも多く残っている。現代では、目撃者が発見時に携帯していたスマートフォンなどで撮影に成功する例が増えている。

米空軍基地に3機のUFO連隊が出現

アメリカ・ネバダ州で撮影されたとのことですが、3つの光るUFOが怪しい動きをしています。これだけ長く撮影出来ている動画もめずらしいですね。通りすがりのUFOというよりは、確かに訓練か何かをしているように見えます。

なんと米軍が宇宙人の飛行技術をテストしている様子が撮影されていたという! 専門家が「極秘夜間訓練」を敢行していたのではないかと推測する、不思議な動きをする飛行物体が撮影されたのは、UFO目撃多発地帯“ホットスポット”として知られる、ネバダ州南部に位置するネリス空軍基地上空。

トランプ氏当選翌日に“謎の火の玉”が出現

飛行機雲や流星のような長く赤い軌道を描いています。UFOもアメリカの大統領選が気になっていたのでしょうか。

米国民のみならず、世界中が固唾を飲んで見守った大統領選であったが、実はエイリアンまでもがアメリカの行く末を気にしていたようだ。なんと、大統領選翌日の9日、首都ワシントンD.C.にUFOが飛来していたというのだ。

「謎の黒いリング」不可解すぎる形状に世界中が関心

ずいぶんとくっきりと空に浮かび上がっています。飛行機雲のようにも見えますが、異常に綺麗な弧を描いていることと、墨のように黒い色が不安を煽りますね。

 ロシア上空に「黒いリング型UFO」が出現。UFOのポータルではないかとも言われる謎すぎる物体に、専門家も「ジョークではない」と熱弁をふるっている。
 著名UFO研究家スコット・ウェアリング氏が運営するブログ「UFO Sightings Daily」によると、問題のUFOはロシア上空で今月撮影され、YouTubeチャンネル「ThirdPhaseofMoon」によって動画が公開されたそうだ。

自ら雲を作り、その中に隠れるUFO

飛行物体自体の色も白いため、雲に紛れて少し気付きづらいですが、途中、確かに身を隠すように突如動き出します。ずいぶんとスムーズに、そして早く動いていることに驚きです。

「UFOは自ら雲を作り出して、その中に隠れることがあります」(ウェアリング氏)
 すると、動画に映っている大量の雲もこのUFOが生み出したというのだろうか……? 確かにウェアリング氏の指摘は鋭いかもしれない。先日トカナでもお伝えしたが、人工的に雲を生み出すことは技術的に可能であると未来学者でニューヨーク市立大学教授のミチオ・カク氏が米「CBS」のニュース番組で発言している。

UFO(未確認飛行物体)

【UFO(未確認飛行物体)】… 「空飛ぶ円盤」以外の未確認飛行物体。UFOというと円盤のイメージが強いが、実際は様々な形の物体が空を飛んでいるのを目撃されている。

赤坂駅上空のストリートビューに謎の飛行物体

画像に何か別のものが取り込まれてしまったのではないかというぐらい、はっきりと写っています。扇の形をした頭を持つエイリアンのような、見ようによっては鷹のような大きな鳥が飛んでいるようにも見えます。

東京メトロ赤坂駅、2番出口の直上、雑居ビルが立ち並ぶ合間で、奇妙な黒い飛行物体が宙を漂っているではないか! キノコのように大きな頭に、短い胴体、そして先端が裂けた触手が2本確認できるようだ。これが写っているのはストリートビュー内の1カットだけで、ほぼ同時刻に撮影されたと思しき前後の画像には写っていない。

空を浮遊する謎の「修道士」

修道士に見えるかどうかは、その人次第のかもしれませんが、少なくとも人の形には見えますね。夕方の空を飛行している人の姿はなんだか幻想的です。

空飛ぶ謎の物体が、2014年4月にも出現していたようだ。UFOや宇宙人情報を数多く提供している、メキシコのYouTubeチャンネル「Tercer Milenio TV」によって紹介された今回の飛行物体だが、驚くべきは、その姿。なんと修道士にそっくりというのだ。

心霊現象

【心霊現象】… オカルトの中でも、霊魂が関係していると推測されている現象。それだけに科学的に解明されないものも多い。

300年前の“美少女ミイラ”が目を開く瞬間

なるほど、確かに。カメラが動いた際に、一瞬、美少女ミイラの表情を写す画面が不鮮明になったかと思えば、薄っすら目を空けたようにも見えます。

1541年に建設されたグアダラハラ大聖堂には「サンタ・イノセンシア」(穢れを知らぬ聖なる人)と呼ばれ、あどけなさの残る顔で純白のドレスに包まれた少女の遺体が300年もの間、ガラスケースの中で眠っている。
 ある時、大聖堂を訪れた男性観光客がツアーに参加し、その様子を動画で撮影した。カメラが大きく揺れた後に少女の顔をとらえた瞬間、動くはずのない遺体のまぶたが開いたように見えたのだ。

5歳少女の頭上に「ゾッとする」ほど怖い女の地縛霊

ここまではっきりと鮮明に写り込んでいると意図的なものも疑ってしまいがちですが、画像拡大された際の表情は恨めしげですね。子どもに悪い影響の無いことを願うばかりです。

 今月11月4日、西ジャワ州デポックに住むデヴィジャンティさんは、娘のデリーサちゃん(5歳)が部屋ではしゃぐ姿をタブレットを使って撮影していた。何枚か写した後、画像を確認したデヴィジャンティさんは愕然とする。なんと、デリーサちゃんの頭上に10代とおぼしき若い女性の上半身が浮かんでいたのだ!

UMA

【UMA】… UMA(ユーマ)とは、Unidentified Mysterious Animalの略称。日本人による造語のため海外でUMAと呼ばれることは少ない。生物学的に確認されていない未知の生物、ネッシーやビッグフットなどが目撃例の定番とされている。

ネッシーの近縁種? 州職員が公開して大きな騒動に

ここまではっきりと撮影されることも珍しいですね。しかし一般的に抱かれている恐竜のような体系をしたネッシーの印象とは異なりますね。もしくは巨大魚に見えなくもないですが、真相はどうなのでしょうか。

 ネス湖の「ネッシー」をはじめ、テムズ川の「テッシー」、芦ノ湖の「アッシー」など巨大水棲UMAの目撃例は枚挙に暇がない。そして今回、米アラスカ州から「ネッシーの従兄弟」と目される未確認生物がまたしても撮影されたとのニュースが伝えられた。これまでになく鮮明な映像であることに加え、アラスカ州の公的機関から公開されたとあって、ネット上では大きな騒動に発展している

悠々飛行するドラゴンが撮影され大反響

まさに人々がイメージするドラゴンや恐竜のような姿をしています。鳥の割にはとても長い尾のようなものが伸びていて、翼もあまり見慣れない形をしています。勇ましく羽ばたく姿は思わず見入ってしまいますね。

 ゆったりと翼を羽ばたかせて飛行する鳥のようなものが映し出されるが、この時点では詳細は判然としない。だが次に拡大映像を観てみると、鳥には似つかわしくない大きな翼と長い尾がハッキリと確認できるではないか。神話の世界から飛び出してきたかのような現実離れした姿は、まさに「ドラゴン」といったところだ。

宇宙

【宇宙】… 現在は宇宙飛行士しか訪れることのできない宇宙や惑星。未知な部分が多い中に、知的生命体の存在を匂わせるものや、存在するはずのないものが発見されることも。

火星で1600m級の“トリプルタワー”発見

 火星に生物の痕跡を見つけようと、日夜調査を続ける熱心な“火星ウォッチャー”が、かつて知的生命体が存在した決定的証拠をつかんだようだ。なんと、火星の地表に整然と並ぶタワーらしきものが発見されたというのだ。

火星で恐竜の頭蓋骨の化石発見

ただの恐竜の頭蓋骨に似た岩だったとしても、歯の部分などは本当に恐竜にそっくりですね。

なんと、恐竜の頭蓋骨の化石が見つかったというのだ。地球同様、火星でもかつて恐竜が繁栄していた時代があったということか!? 今回、NASAの火星探査車「キュリオシティ」が撮影した画像に写り込んだ、問題の物体を発見したのは、火星生物を追い求めるUFO研究家スコット・ウェアリング氏。この発見は、11月24日付の英紙「EXPRESS」も報じている。

古代文明・オーパーツ

【古代文明・オーパーツ】… 伝説の文明があるとされていながらも不明なことが多い「古代文明」。発見された場所や時代に全くそぐわず、存在自体が謎とされている「オーパーツ」。現在も日々各所で発見されている。

南極にある“ピラミッド”がグーグルアースで発見される

綺麗にピラミッドの形をしています。南極にも古代文明が存在していたのだとしたら、極寒の中、どのような生活をしていたのでしょうね。

 動画には、上空から見下ろした四角錐の物体がはっきりと映っているではないか。雪で覆われているが、自然にできたとは思えないほど正確な直線で縁取られている。おそらく太陽にさらされる側面だろうか。雪が少なく岩肌が露出している面は、間違いなく三角形であるようだ。動画中盤では、上から見下ろしたエジプトのピラミッドと比較しているが、ほぼ同じ形状であることが確認できる。

25万年前の“アルミ製品”発見 専門家「古代UFOの部品」

25万年前にアルミ製品があったのだとしたら驚きです。実際の画像は以下のサイトにあります。

 ルーマニアUFO研究者連盟副会長Gheorghe Cohal氏は、UFOのパーツであると断言。
「調査の結果、古代UFOの部品であると結論付けられました。25万年前の地球上にはアルミニウムを製造する技術はありませんでしたからね」

インターネットの普及により、世界中で発見された不思議な現象、出来事を私たちは簡単に見ることができるようになりました。しかし画像や動画で見るだけでは、その真相を知ることが困難なものばかり。未知なものに興味をひかれてしまうのは私たち人間の心理ですね。信じるか信じないかは、あなた次第です!?