特集2017年3月31日更新

話題のニュースまとめ2017年3月

森友問題、朴大統領の罷免、稀勢の里優勝、WBCなどのニュースが注目された3月。他にも興味深いニュースが満載でした。2017年3月にもっとも読まれたニュースランキングです。

社会ジャンルで読まれたニュース ベスト3

1位は日本中の話題をさらった森友問題。細かな経緯についてはInfoseekニュースでも特集を組みましたのでそちらを。首相夫人が主役となった感があるこの騒動、どう収束するのかしないのか…。3位は皇室の話題。生前退位の話題もあり、お世継ぎに皆さん敏感になっているのでしょうか…?

1位 証拠FAXに官邸激怒 元夫人付の谷査恵子氏“国外追放”情報

 安倍首相の怒りはすさまじかったそうで、「逆鱗に触れた谷氏の左遷情報がすぐさま霞が関を駆け巡った」(総務省キャリア)という。「4月1日付でアフリカの大使館付の駐在員に飛ばされる」「いや、南米らしい」などと臆測情報が飛び交っている。

2位 安倍首相を解散に走らせる 自民議員“薬物逮捕”の衝撃情報

 そして、ここにきて、安倍の背中を押す大きな理由になりつつあるのが、西日本選出の自民党衆院議員のスキャンダルである。ズバリ、違法薬物に手を染めたかどで、逮捕されそうだというのだ。
「不逮捕特権の切れる通常国会の会期末(6月18日)を迎えたら、即逮捕に踏み切るという具体的な日程もささやかれています。

3位 秋篠宮ご夫妻の3・11追悼出席、皇太子ご夫妻も“ガッカリ”

「このところ、雅子さまのお出ましは増えましたが、急激な痩せ方が取り沙汰される愛子さまのご体調によって、ご公務を直前に欠席されることも少なくない。皇太子さまは“夫婦揃って公務に当たるのが原則”と公言されてきた。そのため、どれほど重要であっても雅子さまのドタキャンが許されないご公務は控えざるを得ないのでしょう。皇太子さまは8日に人工衛星の部品を製造する町工場を視察されたものの、最近は東宮御所内でのご公務が目立つ。一方、秋篠宮ご夫妻は、例年通り、10日にも東京大空襲の慰霊法要に参加されています。両陛下が大事になさってきた“慰霊”が秋篠宮さまに引き継がれたという印象は否めない」(同)

芸能ジャンルで読まれたニュース ベスト3

1位はみんな大好き芸能ゴシップ、共演NGの芸能人は?という内容。中でも内村光良が一時期久本雅美との中が険悪になり、共演NGになった経緯については、多くの人の興味をひいたようです。2位はこの冬のドラマのネタから。「絶対映ってはいけないもの」…確かに気になります。故意だったのかミスなのか…そういえば「カルテット」でも同じように故意かミスか判断がつきづらい不自然なシーンについて議論が起き、制作側がミスだったと謝罪した一件もありましたね。3位も同じく冬ドラマの話題。絶対王者キムタクに斜陽の兆し…?

1位 芸能界「共演NG」最新リスト!(4)内村光良が宗教を巡ってあの人とトラブル?

「というのも、かねてから内村と共演NGと思われていた久本雅美がゲストとして登場したから。過去にある芸人が共演者を某宗教へと執拗に勧誘したことで、内村が激怒。そんな態度が、同じ某宗教団体に属する久本の耳に入ったことで、彼女と内村の仲は険悪になり共演NGになった。17年間レギュラーを務めた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の最終回に久本が姿を現さなかったのも、内村との共演を避けるためだったという噂もあります。それだけに、今回の突然の共演は、世間を驚かせました」

2位 深田恭子「下剋上受験」のクライマックスに絶対映ってはいけないものが!

 同ドラマは、約1年半かけて受験準備をした阿部サダヲと深田恭子演じる夫婦の娘が、難関中学に挑むという物語である。
 次週の最終回では受験結果が発表されるため、視聴者から注目が集まっていたのだが、今回の終盤にて結末に関わる可能性があるものが映ってしまったという。

3位 『A LIFE ~愛しき人~』最終回 木村拓哉を“主役から外す”という大英断、そして神話の崩壊

 これ、画期的なことだったと思うんですよね。キムタク主演のドラマで、その最終回で、キムタクを主役から外してしまった。マサオによるマサオのためのドラマとして最後まで描き切ってしまった。
 本当の意味で、視聴率的なことじゃなく“キムタク神話”が崩壊した瞬間だったと思います。これまでキムタクの出演するドラマで、ここまでキムタク以外に見せ場を振ったまま終幕した作品があったでしょうか。

国際ジャンルで読まれたニュース ベスト3

1位は慰安婦問題など日韓合意への韓国の態度に関する、米国の反応。これに朴大統領の罷免、さらに北朝鮮まで絡んで、ややこしいことになっています。2位はその北朝鮮の話題。金正男氏の死亡後も収まることのない、金正恩氏による幹部の“粛清”の嵐。彼はどこに向かおうとしているのか…3位はまたも韓国、朴大統領の罷免の経緯と、次の大統領が目指すべき道は。

1位 ティラーソン国務長官「慰安婦合意守れ」 米が韓国に猛プレッシャー、北へも圧力強化

 慰安婦問題をめぐる日韓合意を守ろうとしない韓国に、ドナルド・トランプ米政権がキレた。レックス・ティラーソン国務長官が16日、岸田文雄外相との共同記者会見で、「米国は合意を支持する立場だ」と明言したのだ。

2位 幹部処刑で内部崩壊へ 北朝鮮に“金正恩斬首”革命シナリオ

「正男氏殺害の前後、つまりこの1カ月ほどで北朝鮮国内の取り締まりが厳しくなりました。以前は政権の幹部が粛清され、庶民にはそれほど締め付けはなかった。ところが最近は庶民が落書きをしたり、酒席で正恩の悪口を言っただけで捕まってしまうのです」
 正恩は2011年12月に最高指導者に就任して以来、130人以上の幹部を粛清してきたとされる。

3位 韓国の次期「左派大統領」が進む道

左派候補の中でも最も有力なのが、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表だ。12年の大統領選でわずか得票率3.5ポイントの差で朴に敗れた人物である。文は左派の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権(03~08年)で要職を務めるなど、韓国の有権者にはなじみの顔だ。国内政策では福祉重視の伝統的な社会民主主義者、対北朝鮮政策ではハト派として知られている。

スポーツジャンルで読まれたニュース ベスト3

ロシアワールドカップに向け、最終予選で先日のUAE戦、タイ戦を勝利しグループ首位にたった日本代表ですが、不安材料もあり安心するのはまだ早い…という記事が1位。2位は2大会連続のベスト4入りを果たした侍ジャパンの話題です。この記事が出たのは1次ラウンドの直後。記事でも触れていますが、昨年の強化試合で大敗を喫しただけに、本当に大丈夫なの…?という空気が漂っていた頃でした。3位は負傷をおして奇跡の逆転優勝、日本中を感動させた新横綱・稀勢の里の話題。ただ、その裏で気になる点もあったようで…。

1位 長友が「なぜこうなったのか、原因はよくわからない」――奇妙なタイ戦で明らかになった問題点と光明

しかし冷静に振り返れば、今回の予選における日本は、格下相手にこのような試合を演じることは多々あった。2次予選の初戦、2015年6月16日にホームでシンガポールにゴールレスドローを演じた時は、結果は最悪だったがチームにはまだ余裕はあった。しかし、最終予選になってからの日本はどの試合もフルパワーで戦い、いつもギリギリの戦いを繰り返している。そこに余力などは存在しない。

2位 小久保・侍ジャパン「空中分解」寸前の無気力ベンチ裏!(3)「固定観念を押しつけるな」

 さて、いざ決戦を前にした侍ジャパンには小久保監督ばかりではなく、チーム内からブーイングを浴びせられているコーチもいた。
 78歳の権藤博投手コーチだ。かつて近鉄や中日などで多くの名投手たちを育成した実績を持つが、侍ジャパンのベンチワークでは空回りの連続で大ひんしゅくを買ってしまっている。

3位 稀勢の里「奇跡の逆転優勝」にブーイングする人たちの言い分

だが、この一番をめぐって議論が起きた。前日、照ノ富士も関脇・琴奨菊相手に立ち会いで右に動き、はたき込みで勝ち星を手にしていたが、大関の「変化」に会場からはすさまじいブーイングが起きていた。NHK解説の尾車親方も「(照ノ富士は)力の無い力士じゃないんだから、まっすぐ行ってほしかった」と苦言を呈した。北の富士も「(照ノ富士の変化は)コメントしようがない。せっかく盛り上がっているのに水を差された。(ブーイングは)当然飛ぶだろう」と不満を隠さなかった。

経済ジャンルで読まれたニュース ベスト3

1位は運賃値上げ、時間指定の一部廃止など芳しくないニュースが目立つヤマト運輸の話題。日本の物流界の雄は、なぜ苦境にたつようになったのか?2位はみんな気になるお金の話。公務員の退職金、最高額が徳島県なのは意外?3位は度重なる不祥事で「兆」単位の赤字を抱え、上場廃止もささやかれている東芝の次に危ない企業は?という話題。意外な名前も出てきます。

1位 ヤマト、業績悪化&運転手パンクの元凶・アマゾンと取引中止すべき…佐川は放逐に成功

 ヤマトの「苦悩の元年」は2013年だった。インターネット通販の市場規模は15年に約13.8兆円に達したのだが、12年には約9.5兆円だった(経済産業省調べ、以下同)。10年からは年率10%程度伸びていたが、13年に約11.2兆円と対前年比で17%の伸張を果たし、「階段を上った」年となった。

2位 地方公務員の退職金、平均でいくら?

以下に職種別の平均支給額を挙げました。( )内は最高額を支給した地方公共団体名と金額です。
●都道府県(47団体)
・全職種 約1168万円(徳島県 約2046万円)
・一般職員 約1335万円(三重県 約2012万円)
・一般職員のうち一般行政職 約1587万円(三重県 約2176万円)
・教育公務員 約1133万円(大分県 約2261万円)
・警察職 約1688万円(石川県 約2161万円)

3位 東芝の次は?「5年以内に危ない企業」を大予測

 昨年、Pokémon GOのリリースで話題を呼んだ任天堂も同様だ。
「先月、新型ゲーム機・スイッチの発売日と販売価格を発表した直後に、せっかくPokémon GOで持ち直していた株価が大暴落。価格設定が2万9800円と高額なこと、発売タイトルが少ないことに加え、スマホゲーム全盛の今、優位性のないハードのゲーム機にいまだにこだわり続ける姿勢そのものに厳しい判断が下されたのでしょう」(同)

ITジャンルで読まれたニュース ベスト3

1位はセキュリティに関する調査結果。危険度トップ3がどれも超有名アプリなのが心配になります。2位は森友問題に絡む、あのお騒がせ議員のツイートの話題。3位がらくらくホンならぬ「らくらくスマホ」の詳細なレビュー記事。高齢者などのスマホ慣れしていない人向けというだけでなく、一般のユーザーにも充分使える性能なんだとか。

1位 日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ)

レポートによると、日本の個人PCには平均63個のプログラムがインストールされており、このうち7%はサポート期間が終了し、ベンダからのパッチが適用されていないことが判明した。対象期間において、Windows OSにパッチを適用していないユーザは6.5%と前四半期(5.0%)から増加している。マイクロソフト以外のプログラムにパッチを適用していないユーザは14.4%で、前四半期(14.3%)、前年同期(11.5%)より増加した。

2位 上西小百合議員「森友学園。ついに犠牲者が出た」「メディアの方々は真実を報道して下さい」衝撃ツイート

大阪の学校法人「森友学園」の国有地取得をめぐる問題が連日報道される中、3月7日の夜に上西小百合・衆議院議員(@uenishi_sayuri)が
森友学園。ついに犠牲者が出た。
とツイート。

3位 「らくらくスマートフォン4 F-04J」を30代男性が使ってみた

 たとえらくスマの良さを理解していても、やはりそれは「中高年」や「初心者」向けであって、初期設定のままではスマホ慣れしている人にはストレスが溜まってくる。
 しかし、ホームアプリなどでユーザーインタフェース(UI)を変え、いつものアプリを使うようになると、操作性がなかなか良いことに気付く。ボディーデザインの良さはもちろん、実は低くないスペック、多機能さなど、従来のらくスマに対する先入観を持っていると、F-04Jの真価は見えてこない。「小型スマホの名機」の1つであると言っても過言ではない。

ライフジャンルで読まれたニュース ベスト3

1位は太りがちな食材に関するアンケート。どれもあるある、となる食材ばかり。2位は「結婚したくない苗字」…ってその苗字の人はどうすればいいのでしょうか。3位は思わず抜きがちな白髪の話題。

1位 1ヶ月で5kg増!知らずに食べて「激太りした食材」3選

太るのは一瞬だが、痩せるのは大変だ。知らずに食べたり、良かれと思って食べたりした食品で、太らないように気をつけたい。

2位 結婚してもこの苗字はイヤっ!女子から不人気すぎる2位は林…1位は

結婚後には、彼の苗字を名乗りたいですか? 夫婦別姓の議論もありますが、現状では夫の姓を名乗る女子が一般的です。でも、女子たちが「できれば、この苗字にはなりたくないっ!」と思っている不人気な苗字も存在するんです。『Menjoy!』が500名の女子に実施した調査をもとに不人気苗字のトップ3をお伝えします。

3位 白髪を抜くのはNG? 白髪予防のために知っておくべきこととは?

白髪があると一気に老けて見えてしまいますよね。老化による白髪は仕方がないものですが、若白髪はできるだけできないようにしたいところです。今回は白髪を予防する方法や白髪に効果的な食べ物、知らずにやっていた白髪の間違った対処法を紹介します。