特集2017年7月27日更新

この夏の最新オシャレアイテムは“便所サンダル”!?

便所サンダルって、あのサンダル?そう、あの“便所サンダル”が今大人気なのをご存知でしたか?ハイブランドやスポーツブランドのオシャレなデザインもあれば、昔ながらのデザインのものも人気なんです。芸能人も夢中な、今時の便所サンダルについてまとめました。

今流行している“便所サンダル”って?

数年前からじわじわと人気を集め、「便所サンダル」「シャワーサンダル」「ベンサン」等の名称で昨年あたりから本格的に流行しているようです。ナイキやアディダスが人気ですが、ヴィトンやグッチなどのハイブランドからも展開されています。いわゆる普通の日本製「便所サンダル」も人気。

いま男女を問わず、オシャレな若者たちに“便所サンダル”が流行っているのだという。もちろん、ファッション用語として定義があるわけではないが、脱ぎ履きが簡単で便所に置かれていることが多いものを私たちは便所サンダルと呼んでいる。そう、学校や公共施設のトイレにあるアレ(笑)。
去年から「スポーツトレンド」を受けてシャワーサンダルが人気です。NIKEやadidasのシャワーサンダルが飛ぶように売れています。よくある「トング型」のサンダルはワーク感が強すぎて子供っぽいイメージ、今はシンプルでデザインの少ないシャワーサンダル型が人気なのです。ユナイテッドアローズやビームスなど大手セレクトショップは昨年から継続して今年も取り扱いをしています。

Instagramでハッシュタグを検索すると、購入報告や着用画像が多数。

ハッシュタグ「 便所サンダル

ハッシュタグ「 シャワーサンダル

ハッシュタグ「 ベンサン

ハッシュタグ「 ベナッシ

ハッシュタグ「 ニシベケミカル

芸能人も“便所サンダル”愛用中

マキシマム ザ ホルモンの亮くん、金爆の鬼龍院翔が愛用

マキシマム ザ ホルモンの亮くんが愛用していることで、ファンの間では以前から有名だったニシベケミカルのV.I.Cダンヒル。ゴールデンボンバーの鬼龍院翔も愛用しており、タモリ倶楽部でその魅力を語ったことも。

マキシマム ザ ホルモンの亮くんとナヲが、末弟の結婚式に出席! 祝いの場でも便所サンダルを着用するブレない姿勢が話題を呼んでいる。

マキシマム ザ ホルモンの亮くんのニシベケミカル製便所サンダルへの愛は深く、「どこにも縫い目がなく、ゴムだけで出来ているところ」が魅力だと語っており、V.I.Cダンヒル以外は敵だと公言しているようです。

便所サンダルの魅力とは?

何といっても履きやすさ

オシャレだ流行だ、何だかんだ言ってみても、結局は足に馴染む履きやすさが一番の魅力です。

とにかく丈夫

縫い目がないので、ほつれなどとは無縁。特に日本製のものは非常に丈夫だそうです。

雨にも強い

シャワーサンダルという呼び名もあるように、ゴム製なので雨に強いのも特長の1つ。ゲリラ豪雨が多い今日このごろですが、便所サンダルなら急な雨も怖くないですね。ただ、足元が滑りやすくなるので、調子に乗って走ったりはしないように…

オススメ便所サンダル

ナイキ

今、人気の便所サンダルと言えば、やはりナイキのベナッシ。シンプルなデザインなのでどんなファッションにも合わせやすいところ、他のブランドサンダルに比べてリーズナブルなところが人気の理由でしょうか。

アディダス

ロゴマークはいかにも、という感じがして苦手…という方にはアディダスの三本線デザインはいかがでしょうか?こちらも合わせやすく大人気。

ニシベケミカル


キングオブベンサン、ニシベケミカルのV.I.Cダンヒル。マキシマム ザ ホルモンの亮くんやゴールデンボンバーの鬼龍院翔が履いているのがこちら。日本製だけあって、履けば履くほど馴染む質の良さに定評があります。

ベンサン.jpのカスタマイズ用スタッズ

ニシベケミカルのV.I.Cダンヒル専用に作られたスタッズで、他には売ってない、あなただけの便所サンダルを自作するのもオススメです。

便所サンダルオススメコーデ

シンプルなコーディネート、特にモノトーンに合わせるのがオススメ。簡単なのに一気に今年らしいオシャレなコーディネートになりますよ。トングサンダルでは難しいソックスとのコーデも便所サンダルなら可能。

A post shared by bob1980.10.1 (@bob1980.10.1) on

A post shared by komichi. (@asyk38) on


いかがでしたか?ダサい、おっさんくさい、の代名詞だった便所サンダルが今や大人気ファッションアイテムだなんて、流行の移り変わりとは本当に不思議なものです。シャワーサンダルと言うだけあって、ゲリラ豪雨にも強い便所サンダル。持っていないという方、今年はぜひ一足購入してみては?