週間ニュースランキング

話題のニュースまとめ2018年8月6日 - 8月9日

俳優の津川雅彦さん、沖縄県の翁長雄志知事と訃報が続いた印象を残す8月第2週。2018年8月6日から9日までの話題のニュースをランキング形式でご紹介します。

総合1〜5位

総合1位 櫻井翔 新恋人はミスソフィア、元恋人・小川彩佳アナの今

『週刊文春』(8月16・23日号)が、櫻井の“新恋人”の存在を報じたのである。文春で報じられたこの女性は上智大学の学生で、“ミスソフィア”に輝いたA子さん(21才)。ファッション誌の読者モデルとしても活躍している。
上智大のミスコン女王といえば知性と美貌を兼ね備えた美女揃いと評判で、過去にはTBSの古谷有美(30才)やNHKの杉浦友紀(35才)、フジテレビの内田嶺衣奈(28才)など多くの女子アナを輩出してきた。

引用 櫻井翔 新恋人はミスソフィア、元恋人・小川彩佳アナの今 / NEWSポストセブン

総合2位 市販薬「ロキソニンS」「オロナインH軟膏」にも重大な副作用が!

2016年3月、厚労省は、日本製薬団体連合会に対し、医療用医薬品のロキソニンの「医薬品添付文書の改訂」を指示したため、同一成分である市販薬の「ロキソニンS」も「使用上の注意」の中の「相談すること(副作用)」の欄に「小腸・大腸の狭窄・閉塞(腸閉塞)、吐き気、嘔吐、腹痛、腹部膨満(お腹の張り)など」が追加された。

引用 市販薬「ロキソニンS」「オロナインH軟膏」にも重大な副作用が! / ヘルスプレス 

総合3位 宮崎あおい、「幸せ妊婦生活」にファンのみならずネット小姑からも批判殺到! “嫌われ女優”街道を暴走中!?

記事によると、宮崎は現在建設中の新居への引越しのため断捨離を行っているよう。空いてる時間を見つけては整理整頓し、きれいになった部屋には花を飾って心が落ち着くように心がけているとのこと。また、胎児のことを考え、オーガニックや添加物の少ない食材を選んでいるようで、それが高じて家庭菜園を始め、パセリや野菜などを育てているそう。妊娠したことにより、生まれてくる子どもを第一に考えた生活に変化したと伝えている。
少しずつ母親となる準備をし始めている様子である宮崎。しかし、この記事を読んだ人たちからは「知識がなさすぎだ」と宮崎を批判する声が上がっているという。

引用 宮崎あおい、「幸せ妊婦生活」にファンのみならずネット小姑からも批判殺到! “嫌われ女優”街道を暴走中!? / 日刊サイゾー

総合4位 東京五輪の開閉会式からジャニーズが除外された「決定的な理由」とは?

たとえ山口らの事件がなかったとしても、そもそもジャニーズは五輪の現場から求められていなかったというのである。五輪では開催国を代表する文化を表現することが重視され、今回も日本の伝統文化である狂言から野村が選ばれたのは当然の流れ。そしてジャニーズを選ぶ理由はまったく見当たらないというのだ。

引用 東京五輪の開閉会式からジャニーズが除外された「決定的な理由」とは? / アサ芸プラス

総合5位 松本潤の“改宗結婚”、二宮和也“ご乱心結婚”の裏側とは!? 「創価学会には芸能人が大勢いるから…」井上真央が同伴も!?

「週刊女性では、女優の井上真央との結婚を見据えて、松本潤が“改宗”したと報じられていますが、たしかに、井上が松本を同伴して学会の会合に参加する様子の写真も週刊誌記者は持っているといわれていますので、事実ではないでしょうか。芸能界にはほかにも上戸彩さんや石原さとみさんなどが信仰していますので、抵抗は少ないでしょう」

引用 松本潤の“改宗結婚”、二宮和也“ご乱心結婚”の裏側とは!? 「創価学会には芸能人が大勢いるから…」井上真央が同伴も!? / tocana

社会1位

眞子さま「婚約」問題で新展開 新聞・テレビも「納采の儀できない」情報

朝日新聞は8月8日朝刊1面(東京本社最終版)で「納采の儀 現状では行えない」「秋篠宮ご夫妻 小室さんに」の見出しで、秋篠宮ご夫妻が小室さんと母親に
「『現在のままでは(皇族の正式な婚約にあたる)納采の儀は行えない』と伝えていたことがわかった」
と報じた。ご夫妻が
「皇族として国民から広く祝福される状態にないと考えている」
ことが原因だといい、同日昼から夕方にかけて、各メディアもこのニュースを報じた。

引用 眞子さま「婚約」問題で新展開 新聞・テレビも「納采の儀できない」情報 / J-CASTニュース 

芸能1位

幸せいっぱい!?結婚発表後の桐谷美玲の顔が「別人」と話題に

そんな中、桐谷は8月5日に新たな写真をインスタに投稿。アーティストの清川あさみに結婚祝いをしてもらったことを報告するもので、メッセージプレートと共に2人が肩を寄せ合う写真が掲載されている。この写真の中の桐谷の顔が“まるで別人のようだ”としてファンを騒然とさせている。

引用 幸せいっぱい!?結婚発表後の桐谷美玲の顔が「別人」と話題に / アサジョ

国際1位

「金正恩一族の醜い姿を確認した」北朝鮮エリートが苦渋の証言

本欄でも、太永浩氏の著書『3階書記室の暗号 太永浩の証言』(原題)から引用する形で紹介してきたとおり、張成沢氏の粛清は北朝鮮社会に大きな衝撃を与えた。
同氏はコラムに、次のように書いている。
〈張成沢事件が私をはじめ、北朝鮮の人々に大きな衝撃を与えたのは、単に金正恩の無慈悲な粛清のためだけではない。張成沢の不正を暴露する判決を通じて、北朝鮮の人々は、これまでベールに包まれていた金氏一族の醜い姿を確認したのである。

引用 「金正恩一族の醜い姿を確認した」北朝鮮エリートが苦渋の証言 / デイリーNKジャパン 

スポーツ1位

高校総体後に解任動議 日本ボクシング連盟が山根会長を追放へ

底なしの疑惑に揺れる日本ボクシング連盟が、渦中の山根明会長(78)を解任する方向で準備を進めていることが分かった。岐阜市で行われているインターハイ後(7日に競技終了)にも緊急理事会を招集し、解任動議を出すというのである。日刊ゲンダイの取材に連盟関係者は、「後任には副会長で専務理事の吉森さん(照夫氏=弁護士)を推すことになると思う」と言った。

引用 高校総体後に解任動議 日本ボクシング連盟が山根会長を追放へ / 日刊ゲンダイDIGITAL 

経済1位

「回転ずし」勝ち負け鮮明に スシローは上方修正、地方では倒産多発

全国チェーンでは「スシロー」の好調ぶりが目立つが、地方などでは多店舗展開の失敗などの要因で倒産するチェーンが増えているという。
東京商工リサーチが8月8日に発表した調査結果によると、2018年上半期(1~7月)に発生したすし店の倒産は18件で、前年同期から2件増えた。中でも、回転すしチェーンの倒産が多発しており、前年同期の1件から6件に拡大していた。

引用 「回転ずし」勝ち負け鮮明に スシローは上方修正、地方では倒産多発 / ITmedia ビジネスオンライン

IT1位

ノートPCから聞き慣れない音が… 中から「恐ろしいモノ」が飛び出し絶句

「PCから聞き慣れない音がした」というエピソードを投稿したのは、ツイッターユーザーの「DJ和丸」さん(@dj_kazumaru)。
帰宅してノートPCの電源を入れてみたところ、「シャー」という聞き慣れない音がしたという。しかし、DJ和丸さんにはこの「聞き慣れない音」の心当たりがあったようで、「嫌だな、怖いな」と思いつつCDドライブを開いた。

引用 ノートPCから聞き慣れない音が… 中から「恐ろしいモノ」が飛び出し絶句 / しらべぇ

ライフ1位

消費期限を過ぎたら、「特に」飲むべきでない4つの飲み物

食品科学者が消費期限に気をつけたほうがよいと考える飲料があります。消費期限を過ぎると危険な飲み物は次の通りです。

引用 消費期限を過ぎたら、「特に」飲むべきでない4つの飲み物 / MYLOHAS