逆風はね返した不屈の守護神・川島永嗣

2018年6月30日更新

ポーランド戦で敗れはしたもののビッグセーブを見せて最小失点に抑え、日本を3度目の決勝トーナメントへ導いた日本代表ゴールキーパー・川島永嗣。それまでの数試合で犯したミスにより、日本中どころか世界的なバッシングを浴びていましたが、それをはねのける活躍で不安を一掃、ベルギー戦の勝利へ希望をつなげました。ポーランド戦で見せた彼の活躍ぶりへの賛辞と、アスリートとしての彼の魅力を探ります。

グループリーグ第1、2戦のミスでバッシングを受ける

コロンビア戦では直接FKへの対応に批判

日本が劇的な勝利を飾ったグループリーグ第1戦、先制後に同点に追いつかれたキンテーロの直接フリーキックの対応が物議を呼びました。

日本の守護神は前半39分、MFフアン・キンテーロに虚を突かれて直接FKから失点を許した。壁の下を抜かれたグラウンダーのシュートに反応が遅れ、必死にセーブを試みたが、食い止めたのはゴールラインよりも後ろだった。今大会の前哨戦となったガーナ、スイスとの親善試合でもミスが目立ち、ここ数試合は不安定なパフォーマンスが続いている。

しかし、これは川島のミスではなく「チームのミス」だった

下の記事のDF昌子の試合後コメントによると、もともとはああいったフリーキックの場面では「(壁役の選手は)高くジャンプしなくていい」との事前の取り決めがあったとのこと。それがなぜか、失点シーンではキャプテンの長谷部をはじめとして壁役が全員高くジャンプしています。つまり川島からすると、取り決めどおりなら低いボールは壁に阻まれるはずなので上から来るボールだけ気をつければよかったわけで、低い弾道で来るのは完全に想定外。ですから彼だけのミスとするのはやや酷であるとも言えます。

日本の壁4枚は一斉にジャンプしたが、果たして事前の取り決めはあったのか。昌子は「スゲー難しい質問やな」と切り出すと、次のように説明を始めた。
「ミーティングで、ボールの質を見て、できるだけつま先立ちで、ぎりぎり高く跳ばなくていいと言っていた」
事前の話し合いでは、つま先立ちのような形で高く跳ぶ必要はないと確認をし合っていたという。ところが、実際はボール2個分近くのジャンプも見られた。昌子は「みんなハイジャンプだった。でもそういうことが起こり得る舞台なのかなとちょっと思った」と振り返っている。

セネガル戦では痛恨のパンチングミス

続くセネガル戦では、セネガル選手のシュートに対してパンチングで対処したところ、これがゴール前に詰めていたセネガルFW・マネに当たり、ゴールとなってしまいました。このプレーに対して、日本国内だけでなく海外でも「最低のプレー」と批判が巻き起こりました。

前半11分、日本の左サイドを崩されセネガルDFムサ・ワゲがクロス。逆サイドのMF原口元気がバックヘッドでクリアを試みたが甘くなり、こぼれ球をDFユースフ・サバリに詰められた。右足で放たれた低弾道のシュートを川島は両手でパンチング。しかし、真正面に弾いたボールは目の前にいたFWサディオ・マネを直撃。はね返りがゴールに吸い込まれ、先制点となってしまった。

ゴールキーパーからは擁護の声

確かに失点に直結するプレーだったので結果的に判断ミスと謗られても仕方のないことですが、同じゴールキーパーからすると「難しい判断」ではあったようです。下に紹介するのは、日本代表のチームメイトでもあり、GKのポジションを争うライバルでもある東口順昭の見解。

「目の前の選手が足を出してきて触るかもしれないということを想定したら、キャッチよりパンチングというのはGK目線としてはあり得る。結果としてはキャッチしたら良かったとなるけど、実際にやっていたらあれ(マネの存在)は目に入ってくる。ああいうところで足が伸びてくる可能性があるのがアフリカ人だし、難しい判断だと思う」
試合後、川島と直接話したときには「(川島)永嗣さん自身、『安全に行き過ぎた』と言っていた」という。原口のクリアが中途半端だったことに関しても簡単にCKに逃げるべきだったとの意見もあるが、「相手も高いし、簡単にセットプレー、CKにしたくない心理もある」と指摘。「それも結果論で『簡単に切っておけば』と言われる」と、2人を擁護した。

ポーランド戦では“神セーブ”で世界から絶賛

仕方のない面もあったとは言え、2戦続けて失点につながる大きなミスをしてしまった川島。「ゴールキーパー交代」の声は日に日に高まっていきました。しかし西野監督は決勝トーナメント進出のかかったポーランド戦でも川島先発の決断を下しました。その意気に応えた川島は決定的な場面でビッグセーブを見せ、最小失点で日本を決勝トーナメントに導いたのです。

世界が賛辞!ライン上で防ぐビッグセーブ

しかし第3戦のポーランド戦でも先発メンバーに名を連ねると、前半21分にCKを合わされたDFカミル・グリクのヘディングを横っ飛びキャッチ。さらに同32分にはMFカミル・グロシツキのヘディングをライン上で右手一本のスーパーセーブ。ゴールラインテクノロジーで判定すると、ボール半分ほどがラインを越えていたが、完全には越えていなかった。
一転、ツイッター上では川島への“懺悔”が始まり、「川島半端ない」「川島ごめんなさい」が連呼されている。

このプレーにはこれまで批判を繰り返していたメディアも、一転して大絶賛となりました。

FIFA公式「信じられないセーブ」

ゴールライン上でかき出すスーパーセーブとなったが、ここまで不安定なプレーを続けていた守護神に、称賛の言葉を送ったのはW杯公式ツイッターだった。
「日本ポーランド戦ではいまだ0-0。ほとんどエイジ・カワシマの信じられないセーブのおかげだ」と右手一本でシュートを阻む決定的写真とともに称えている。

英公共放送「ブリリアントな阻止」

英公共放送BBCは「ここまでのW杯一番のセーブ? カワシマのブリリアントな阻止」と題して、川島の前半32分のストップシーンの動画を掲載。「日本のGKエイジ・カワシマがこれまでの大会随一のセーブの一つを成し遂げた」と称賛している。

インドネシアメディア「キャプテン翼の若林のよう」

「エイジ・カワシマがゲンゾウ・ワカバヤシのようにクールに救う」
こう見出しをつけて、川島を称賛しているのはインドネシアメディア「detik.com」だった。

英メディア「国民の心を再び鷲掴み」

ゴールラインテクノロジーでのチェックも入り、ボール半個分はラインを越えていたものの、ライン上でかき出した好セーブに、英メディア「Dream Team」も賛辞を送った。
「グロシツキのヘディングに対し、カワシマは超人的なセーブを見せた。これほどの素晴らしいセーブは、長い、本当に長い間、見ることがなかった」
記事では、川島は初戦のコロンビア戦(2-1)、第2戦のセネガル戦(2-2)で不安定なパフォーマンスで落胆をもたらしていたと指摘した一方で、「今回のポーランド戦の英雄的セーブで、国民の心を再び鷲掴みにした」と、日本の窮地を救うプレーを絶賛している。

ドイツメディアはポーランド戦のMVP&ベストイレブンに選出。

下のリンクは、ドイツ紙「kicke」のポーランド戦評記事。ドイツの場合、数値が低いほうが高評価なのですが、川島には両チーム唯一「2」と高い評価がついています。また、その試合のMVPにあたる「Spieler des Spiels」にも選出。「前半にビッグプレーでゴールを守った。」と評しています。さらに別ページではグループリーグ第3節のベストイレブンにもメッシらと並び、選出されています。

スペインメディアは日本代表唯一の高評価

下のリンクは、スペイン紙「マルカ」のレビュー記事。日本代表の選手が軒並み☆1つと低い評価の中で、唯一の☆2つを獲得しています。

チームメイトの川島への想い

長友「自分のことのように悔しかった」

川島のビッグセーブ直後に全力ダッシュでDF川島に駆け寄り抱擁した長友。

「これだけ日本代表を支えてきて、彼に救われた試合は多い。ただGKはすごく難しくて、最高のプレーをしていても一つのミスですごく批判される。何度も助けてもらったので、その批判というのは自分のことのように悔しかった」
川島への批判に長友も心を痛めていた。湧き上がる強い思いが一心不乱の行動につながったという。

吉田麻也「仲間が苦しんでいる時いかに助け合えるか」

DF吉田は、試合後のTwitterで以下のようなつぶやきをしています。

西野監督からのキャプテンマークで「吹っ切れた」川島

川島本人もミスが続き、批判を受けたことに対して動揺はあったかと想像されます。しかし西野監督から託された「キャプテンマーク」に、覚悟を決めることができたようです。

実は親善試合ガーナ戦(5月30日)以降、気持ちの整理がついていなかった。同戦でPKを与え「断ち切れない要因になっていた」という。だが決勝トーナメント進出を懸けた大一番前、西野監督から主将マークを渡された。GKがW杯でゲーム主将を務めるのは日本サッカー史上初。指揮官からは何も説明を受けなかったが「いろんな意味があったと思う。その思いをくみ取らないといけないし、応えないといけなかった」。より責任感を与えられたことで、やっと吹っ切れた。

川島「自分が救う場面」

「この試合に関しては残念な気持ちだが、3試合、全員でつかんだ予選突破。本当にうれしいです。この2試合チームに迷惑をかけたが、自分が救う場面だと思った。しっかり仕事ができた」

ゴールキーパー・川島を支えるものとは

川島の「GKを続ける意味」

下の記事は、ワールドカップ前に行われた川島へのインタビュー記事。川島が語る「GKの意義」とは…

「練習で100本シュートを止めても、試合で1本決められたら評価されない。“チームを勝たせられなかった”とGKのせいにされる。まさに理不尽な役割なんです。でも逆に1本止めることで、悪い流れを変えてチームを勝利に導くこともできる。それは100の努力が報われたと思える瞬間。僕はそのためにGKを続けています」

ミスを認め、ミスを引きずらない強さ

〈正直、ヨーロッパでは気持ち的に繊細過ぎるとやっていけないところもありますからね。(中略)練習試合であろうがなんだろうが、ミスに対して「早くここから出ていけ」とか…言葉がわかるからそういう罵声も全部感じられちゃうんですよね(笑)。試合中に、わざと違うキーパーの名前を呼ばれたこともあるし、車だって壊されたこともあります〉
サッカー後進国の日本から来た選手が欧州の猛者の中で認められるには、ただひとつ、試合のプレーで示す「結果」しかない。ベルギー、スコットランド、フランスの3か国でプレーした川島にとって、批判は日常茶飯事。うまく受け流しながら、反骨心に変え、結果を残してきたからこそ、8シーズンも欧州にいることができている。

ハリルにも期待されていた「メンタルプレーヤー」

ハリルホジッチ監督時代、所属チームで試合に出ることができなくなった川島をそれでも代表に招集したハリル監督。その狙いとして、チームを鼓舞する“メンタルプレイヤー”としての期待がありました。

「メスというチームの2軍でプレーをしている。それでも悪くないはずだ」。メスの監督に直接連絡を取り、コンディション面も確認したうえで招集に踏み切った。とはいえ、「彼がプレーするかどうかは別問題」と、試合出場は現実的ではない。それよりも「コミュニケーション、励ますところ。この2試合は今までよりメンタルを出さないといけない試合になるので、そのために永嗣を呼ぶ」と、招集理由を明かした。

このメンタルの強さ、意識の強さは彼がプロとなり、そして海外で活躍していくことにもつながっていました。以下は高校時代のサッカー部監督の証言。

「サッカーへの姿勢は真剣そのもの。栄養管理も徹底していて、遠征先でとんかつが出ると“揚げ物は食べない”と一切、手をつけなかった。ウチはヤンチャな生徒が多かったんですが、進路指導の先生も“試験休みもサッカーの練習があるのに成績優秀だし、悪いことも絶対しない。素晴らしい”と褒めていました」
【川島永嗣・31】「思い込んだら真っすぐ。誰もいないグラウンドで声出しの練習をしたほどのサッカー一筋。学業優秀で大学進学も進められたが迷わずプロの道へ。その後も脇目も振らずに代表になりました」(当時のコーチ)

7カ国語ペラペラ!川島の語学力の秘密は

川島は日本語に加えて英語、イタリア語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、オランダ語と7カ国語を操り、記者会見などでも流暢な現地語で話す「語学の達人」なのは有名な話です。これは18歳の時から今に至るまで続けている独学の賜物。強い意思と向上心がないと、なかなか出来ることではありません。

同時に語学習得意欲も高まり、英語、イタリア語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語のテキストを一挙に購入。毎朝30分間の独学をスタートさせ、17年たった今もそれを続けている。
「ひとつの言葉を離れて別の言語にいくと、意外に共通性があって理解が深まったりする。それで文法や単語も覚えられました。大宮にはブラジル人選手もいたんでポルトガル語で指示を出したし、イタリアにはその後も毎年行っていたんで、会話力は向上しました」

決勝トーナメントで期待!世界レベルの“PKストッパー”だった川島

彼の「メンタル」を多く語ってきましたが、もちろんそれだけで日本代表として、また欧州の舞台で長年活躍出来るわけではありません。今年の1月、彼は所属のリーグアン・メスでとある偉業を成し遂げました。

27日に行われた第23節・ニース戦(2-1)で川島は先発出場。後半12分、ニースにPKを献上すると、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリのPKを抜群の読みでスーパーセーブした。はじいたところをバロテッリに押し込まれてしまったものの、川島はリーグ1デビューから3連続でPKのファーストキックをストップ。データサイト『オプタ』によると、初出場からの3連続ストップは過去10年間で初だという。

PKに関しては代表戦でも抜群の強さを誇り、その中にはネイマールのPKをストップしたものもあります。とあるデータによると川島のPKセーブ率は8割を超え、世界的にも上位なんだとか。

7分前の反省を生かした。前半10分にPKで先制を許した日本代表は同17分にもPKのピンチを迎えた。キッカーはいずれもFWネイマール。1本目は逆を突かれたGK川島永嗣だったが、2本目は見事に横っ飛びで弾き出した。
「1本目は早く動きすぎた。2本目は最後まで我慢していこうと思った」。意地のPKストップだった

このPKのセーブ率の高さについては、川島自身はこう語っています。

「PKに関しては“信じた方向に100%で行く”ことしか今は考えてないです。“自分が止めなきゃ”とか考え始めた時点で相手に負けている気がするから。そのときの感覚に従うことが大切ですね」

この境地になったのは上記の記事によると8年前のワールドカップ南アフリカ大会でのパラグアイ戦のPK戦での敗北からなんだとか。今回の決勝トーナメントで川島がPKを止める機会はあるのか。とにかくもどん底から復活した守護神・川島永嗣に期待しましょう!